ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自覚ゼロの大学院生夫、立ち会い出産を経て「父」になる! 幸せな家庭の秘訣は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長女を妊娠している時、わたしは働いていましたが、夫は大学院生でした。

妊娠したことを報告すると、戸惑いの気持ちもあったでしょうが、とても喜んでくれました。

「一緒にお父さん、お母さんになっていこうね」って、とてもワクワクしたのを覚えています。

でも、お腹が大きくなっていっても、夫は「学生」のままでした。

大学生~社会人になるまでって、どうしても遊びたい欲求とかが強い時期だと思うんです。

だから、しょうがないと思っていましたが、ある時少し不安になって、冗談交じりで「お父さんの自覚とか、でてきた?」って聞いてみたんです。

そしたら「うーん。ない!」ってキッパリ言われました。

少なからず、ショックを受けましたけど、やっぱりねって気持ちが大部分を占めていました。

だって、煙草も部屋の中のどこでも吸うし、飲み会の回数も多いし、前と生活が変わった様子はなかったですからね。

健診の様子も、問題がないと知れば、あとは聞いてるのかよくわからない態度で・・・。

そんな調子のまま、破水して出産しました。

うちは、立ち会い出産だったのですが、陣痛に耐えている私のそばで、夫が色々とサポートしてくれている姿を見て、「あ、ちょっとパパになるって実感してきたんだな~」なんて冷静に思った記憶があります。

長女が生まれてからは、就職・卒業の準備で、慌ただしくしていましたが、今まで頻繁にしていた学校への泊まり込みはなくなり、ちょっとの時間でも家に帰ってきて、娘のお世話をしてくれるようになり、抱っこしながら、論文を書いたりもしていました。

今思えば、相当な激務だっただろうに、毎日笑ってそれをこなしてくれて、感謝してもしたりないです。

もちろん大学の人たちにも。

あとから聞いたのですが、出産に立ち会ったことで、父親になる自覚が突然でてきたみたいです。

「俺、これからこいつらを守っていかなきゃ!」って決意したんだよ~なんて言っていました。

お腹にいた時は、お腹おっきくなってきたな、とは思うけど、実際に子供を見ている訳でもないし、エコーなんてどこが顔なのかもピンと来なくて、父親の自覚を持つなんて難しいんだそうです。

それを聞いて、「わたしばっかりお母さんになってるみたいでヤダ!」と思っていた事を、本当に反省しました。

確かに、大きいお腹だけ見て、「父親になったと思ってね!」なんて言っても、難しいですよね。

こちらから求めることばっかりで、色々と分かってもらう努力を怠っていたんだな、と思いました。

「あれやって!これやって!もっとわかってよ!」じゃ、だめですよね。

それからは、いつも「ありがとう。こんなことまでしてくれたんだね!嬉しいよ!」って小さなことでも口にしていこうと決めました。

あれから4年、毎日お互いにありがとうを欠かさない生活です。

夫はとても素敵な「お父さん」になりました。

わたしたちが、ありがとうを欠かさないのを見てか、こどもも「ありがとう!」ってたくさん言える子になってくれました。

娘が「ありがとうが沢山集まると、幸せがいっぱいになるんだよ!」と教えてくれました。

誰に教えてもらったのか聞くと、「お父さんが言ってたの。」と得意げ。

そんな風に、我が家を幸せで包んでくれる夫に、精一杯のありがとうを送りたいと思います。

著者:harumitsu

年齢:25歳

子どもの年齢:4歳・2歳・0歳

5人家族で、三姉妹のお母さんをしている専業主婦です。夫は転勤の多い仕事に就いているので、引っ越しがとても多く、現在住んでいる家は4件目となります。引っ越しが多いため、うちにはものが少ないのですが、毎日娘たちと、色々と作っては遊びを楽しむ毎日です。夫の実家も私の実家も遠く、頼れる親戚が近くにいないのですが、夫と協力して、日々を過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「当日間に合えばいい」じゃない!立ち会い出産するまでにクリアすべきハードル
「必ず幸せにしてやろう」 出産に立ち会い、改めて心に誓った
前例なし! 陣痛室にも分娩室にも入ってきて出産に立ち会った私の父

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP