ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陣痛が来ないと思っていた39w4d、駅のホームで突然の破水!夜用ナプキンを当て病院へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

24歳、初産婦です。

先日39w4dで、女の子を出産しました。

私のお産は、駅のホームで破水したことから始まりました。

37w以降、毎日散歩したり、風呂やトイレ掃除など身体を動かしていましたが、前駆陣痛ばかりで本陣痛は来ませんでした。

おしるしもお産の10日前にありました。

39w3dとなり、陣痛が来る気配がなく焦る中、気分転換に2駅ほど電車に乗りお昼ご飯を食べに行きました。

いつもと違う道を歩いて気晴らしができました。

17時頃、自宅に帰るため駅のホームで電車を待っていたら、突然生温かい水がドバッと流れる感覚がありました。

急いでトイレに行き、夜用ナプキンを当てました。

色が透明で尿の臭いとは異なり、生臭い感じがしました。

かかりつけの病院に電話したあと、すぐに向かいました。

この時まだ、生理痛程度のお腹の痛みしかなく、張りも不規則だったので、普通に歩けました。

病院に到着し、診察の結果、前期破水で子宮口は3センチとのことでした。

抗生剤の点滴を打ちながら陣痛が来るのを待つとのことで、そのまま入院となりました。

2時間程度経った19時半頃、少しずつ規則的にお腹が痛み、張ってくるようになりました。

下腹部がシクシクと差し込む感じです。

主人に腰をさすってもらいながら耐えました。

それから時間が経ち、22時頃、痛みが少しずつ変わりました。

下痢を我慢してるような、いきみたい感覚です。

しかしまだ、子宮口の3センチと入院時と変わっていません。

旦那にテニスボールで押してもらいながら、3分おきにくる痛みに耐えてました。

日付が変わる頃に再度抗生剤を投与し、1時頃になると何かが下がってくるような感覚になりました。

すでに子宮口は全開大で、頭が少しずつ下がってきていたのです。

看護師さんや当直の先生が慌てて分娩の支度を始めて、「もうこのまま分娩室に移動するよ、台に上って!」と言われました。

それから歩いて分娩台に移動して15分程で、無事に女の子を出産しました。

子宮口3センチの状態が長く続きましたが、それから出産まで3時間半と早い出産となりました。

正期産の時期は、いつどこでお産が始まるかわからないので、遠出せず、散歩のときは母子手帳と携帯電話、財布に加え、夜用ナプキンを持ち歩くことをお勧めします。

著者:よっちゃんまん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子連れ歓迎度チェックを兼ねて食べ歩く夫婦。「明日は焼肉行こう」と言っていた矢先の破水! by SeS
お産のはじまり?
尿もれ?破水? 一晩気がつかなかった「高位破水」から出産までをレポート!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP