ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年度のアカデミー賞が熱い戦いとなる5つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年のアカデミー賞レースは、共和党のフロント・ランナーであるドナルド・トランプに注目が集まる米大統領選挙に負けず劣らず、作家ラングストン・ヒューズの言葉を借りるならば、多くの叶わぬ夢のシーズンに入った。

先頭を走る者は誰か……誰も答えられないだろう。なぜなら、フロント・ランナーが不在だからだ。

俳優同士が功績を讃え合うスクリーン・アクターズ・ギルド賞(SAG)のノミネートは、いつも退屈なものとして迎えられる。候補者のほとんどが、数週間のあいだ、一向に変わらないからだ。しかし、12月9日(現地時間)の朝、ブロガーたちはアカデミー賞最大の投票部門によるセレクションに叫び声を上げた。この投票部門による判断は、誰がアカデミー賞にノミネートされ、最終的に受賞するかについて、一般的に得られる最も確かな指標とされている。

もっと見る:スクリーン・アクターズ・ギルド賞(SAG)の候補者達:最大の冷遇と驚き(英文)

受賞が推定されていた多くの作品が選ばれなかった。例えば、ベストアンサンブルの『オデッセイ』、ジェニファー・ローレンスの『Joy(原題)』、マイケル・キートンの『Spotlight(原題)』、ウィル・スミスの『Concussion(原題)』などだ。その代わりとして、スクリーン・アクターズ・ギルド賞の投票者たちは、映画『I Smile Back(原題)』のサラ・シルヴァーマンや、映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』のヘレン・ミレンのような、さりげない演技を喜んで受け入れた。そして多くのノミネートにかろうじて入った映画は、『Spotlight(原題)』、『Brooklyn(原題)』、『キャロル』ではなく、3部門(アンサンブル賞とヘレン・ミレンの二度目の助演女優賞を含む)にノミネートされて、好評価を獲得している『Trumbo(原題)』だった。

今年の賞レースは非常に混乱しているので、ゴールデングローブ賞の候補にも注目が集まるだろう。

もっと見る:第73回ゴールデングローブ賞の候補一覧を紹介

しかし、ご存知の通り、ハリウッド・フォーリン・プレス・アソシエーションが良識の代弁者となる時は、必ず、トラブルになる。2015年の賞レースが、なぜ、いつもよりおかしなことになっているのかを、5つのポイントでご説明しよう。

1:フロントランナーの欠如
例年であれば、今頃の時期になれば、世間一般の感情はすでにある役者、例えば『モンスター』のシャーリーズ・セロンや『プレシャス』のモニークなどに移入し始める。しかし今年の作品賞レースは、まったく違う方向へとバラバラに分かれていくだろう。例えば、『Spotlight(原題)』(この作品だけがスクリーン・アクターズ・ギルド賞のアンサンブル候補を通じて勢いを増し続けている)、『Brooklyn(原題)』、『オデッセイ』、『キャロル』とまだ公開されていない『レヴェナント:蘇えりし者』がある。この状況が、演技カテゴリーの賞レースにも波乱をもたらした。主演男優賞は誰の手におさまるか? ジョニー・デップ(『ブラック・スキャンダル』)か、レオナルド・ディカプリオ(『レヴェナント 蘇えりし者』)か、マイケル・ファスベンダー(『スティーブ・ジョブズ』)だろうか? 主演女優賞は、ブリー・ラーソン(『Room(原題)』)か、シアーシャ・ローナン(『Brooklyn(原題)』)か、3度目の受賞となるケイト・ブランシェット(『キャロル』)だろうか? 唯一の一致した意見は、ルーニー・マーラ(『キャロル』)とアリシア・ヴィカンダー(『リリーのすべて』)は素晴らしい演技をみせているということだけなのだが、あれでさえ、議論を招いている。十分な上映時間だったにも関わらず、この二人の女優は、助演女優賞のレースに推されている。アカデミー賞はそれでも抵抗して(ひとりもしくは両方を)主演の賞にノミネートするだろうか。首をかしげている専門家たちもいるのだ。

2:助演部門の候補者が、多すぎる
少なくとも、20人もの俳優たちが本命争いの渦中にいる。候補者には、キートンとマーク・ラファロ(『Spotlight(原題)』、ケイト・ウィンスレット(『スティーブ・ジョブズ』)、マーク・ライランス(『ブリッジ・オブ・スパイ』)、ジェーン・フォンダ(『Youth(原題)』)、シルヴェスター・スタローン(『クリード チャンプを継ぐ男』)、トム・ハーディ(『レヴェナント:蘇えりし者』)、クリスチャン・ベイル(『マネー・ショート 華麗なる大逆転』)、ジェニファー・ジェイソン・リー(『ヘイトフル・エイト』)、クリステン・スチュワート(『The Clouds of Sils Maria(原題)』)、ジェイコブ・トレンブレイ(『Room(原題)』)、イドリス・エルバ(『ビースト・オブ・ノー・ネーション』)、レイチェル・マクアダムス(『Spotlight(原題)』)、マイケル・シャノン(『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』)、エリアベス・バンクスとポール・ダノ(『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』)、ベニチオ・デル・トロ(『ボーダーライン』)、新人俳優のマイア・テイラー(『タンジェリン』)が含まれるだろう。挙がった名前のうちの半分は、アカデミー賞の朝にいなくなるだろうが。しかし、誰が落とされるかは、誰にも予想できない。

3:批評家は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が気に入っている?
アカデミー賞の投票者たちは、このホリデーシーズンにどのスクリーナーを見るべきか探っており、彼らはその指標として、批評家の動きをよく見ている。批評家グループからの応援をもらえたかもしれなかった『Brooklyn(原題)』や『レヴェナント:蘇えりし者』を含む、たくさんの敗残者がいた。しかし、ニューヨーク映画批評家協会賞が『キャロル』を彼らの最優秀賞に推し、ロサンゼルス・フィルム・クリティクス・アソシエーションが作品賞に『Spotlight(原題)』を推すなか、小さな映画たちは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の怒涛の追い上げによって、影が薄くなってしまった。この作品はロサンゼルス・フィルム・クリティクス・アソシエーションから本命の賞を受け、同じくボストン・オンライン・フィルム・クリティクス・アソシエーションと米国映画批評会議のナショナル・ボード・オブ・レビューからも作品賞を受賞した。

もっと見る:スクリーン・アクターズ・ギルド賞(SAG)の候補:『オデッセイ』が外れ、『Trumbo(原題)』が勝利を収めた(英文)

4:スクリーン・アクターズ・ギルド賞の候補は『オデッセイ』の可能性をつぶしてしまったかもしれない
スクリーン・アクターズ・ギルド賞のレースは単独で賞シーズン全体を混乱させることはできない。しかし、2015年は、とても変な年である。アワーズ・デイリー(Awards Daily)の記者であるサシャ・ストーンがツイッターで指摘するには、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ、ビデオ制作会社のウェインステイン・カンパニー、映画配給会社のフォーカス・フィーチャーズの映画が、スクリーン・アクターズ・ギルド賞のベスト・アンサンブル賞に含まれなかった(『ビースト・オブ・ノー・ネーション』、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、『Spotlight(原題)』、『ストレイト・アウタ・コンプトン』を含む)。そして、統計的に言うと、『オデッセイ』がこの一覧に入っていないということは、作品賞の機会を逃したかもしれなかった(スクリーン・アクターズ・ギルド賞のアンサンブル候補にならずに作品賞を受賞したケースは、1995年の『ブレイブハート』以降、1度もない)。今、可能性が高いのは、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』を抱えるNetflix(ネットフリックス)が、手ごわいアカデミー賞のプレイヤーになるかもしれない、ということだ。それは、アイオワ州とニューハンプシャー州の投票者が決め手になるような大統領選挙のようなもので、スクリーン・アクターズ・ギルド賞の候補者は、アカデミー賞の挑戦者を勢いづける助けになる。スミスかローレンスのようにもみ消されている彼らは、自分たちの映画を見るように、より一層、投票者の説得に努めなければならない。

5:アカデミー賞の投票者が、12月公開の映画に対して甘くなるか厳しくなるか、分からない
アカデミー賞シーズンは、早めの公開された映画、例えば『アルゴ』『ディパーテッド』『クラッシュ』『ハート・ロッカー』のような作品で形づくられることが多い。しかし、勢いのない年であれば、後からの追い込みでエントリーすることもある。2013年の『アメリカン・ハッスル』と『ウルフ・オブ・ウォールストリート』や、2004年の映画『ミリオンダラー・ベイビー』は、最後の最後、ギリギリでアカデミー賞の候補へと割り込むことができた。今年はどうか。悲惨な収益に終わった『スティーブ・ジョブズ』、評価が混沌としている『ブラック・スキャンダル』を勘案すると、弱い年だと考えられる。専門家は『レヴェナント:蘇えりし者』『クリード チャンプを継ぐ男』『ヘイトフル・エイト』『Joy(原題)』はアカデミー賞レースに深く割り込むと推測しているのだが、批評家とスクリーン・アクターズ・ギルド賞は、事実上、これらの映画を全て無視し、代わりに早々に公開された映画を好んでいる。全く……どうなることやら。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP