体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年度のアカデミー賞が熱い戦いとなる5つの理由

Joy Movie Review

2015年のアカデミー賞レースは、共和党のフロント・ランナーであるドナルド・トランプに注目が集まる米大統領選挙に負けず劣らず、作家ラングストン・ヒューズの言葉を借りるならば、多くの叶わぬ夢のシーズンに入った。

先頭を走る者は誰か……誰も答えられないだろう。なぜなら、フロント・ランナーが不在だからだ。

俳優同士が功績を讃え合うスクリーン・アクターズ・ギルド賞(SAG)のノミネートは、いつも退屈なものとして迎えられる。候補者のほとんどが、数週間のあいだ、一向に変わらないからだ。しかし、12月9日(現地時間)の朝、ブロガーたちはアカデミー賞最大の投票部門によるセレクションに叫び声を上げた。この投票部門による判断は、誰がアカデミー賞にノミネートされ、最終的に受賞するかについて、一般的に得られる最も確かな指標とされている。

もっと見る:スクリーン・アクターズ・ギルド賞(SAG)の候補者達:最大の冷遇と驚き(英文)

受賞が推定されていた多くの作品が選ばれなかった。例えば、ベストアンサンブルの『オデッセイ』、ジェニファー・ローレンスの『Joy(原題)』、マイケル・キートンの『Spotlight(原題)』、ウィル・スミスの『Concussion(原題)』などだ。その代わりとして、スクリーン・アクターズ・ギルド賞の投票者たちは、映画『I Smile Back(原題)』のサラ・シルヴァーマンや、映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』のヘレン・ミレンのような、さりげない演技を喜んで受け入れた。そして多くのノミネートにかろうじて入った映画は、『Spotlight(原題)』、『Brooklyn(原題)』、『キャロル』ではなく、3部門(アンサンブル賞とヘレン・ミレンの二度目の助演女優賞を含む)にノミネートされて、好評価を獲得している『Trumbo(原題)』だった。

今年の賞レースは非常に混乱しているので、ゴールデングローブ賞の候補にも注目が集まるだろう。

もっと見る:第73回ゴールデングローブ賞の候補一覧を紹介

しかし、ご存知の通り、ハリウッド・フォーリン・プレス・アソシエーションが良識の代弁者となる時は、必ず、トラブルになる。2015年の賞レースが、なぜ、いつもよりおかしなことになっているのかを、5つのポイントでご説明しよう。

1:フロントランナーの欠如
例年であれば、今頃の時期になれば、世間一般の感情はすでにある役者、例えば『モンスター』のシャーリーズ・セロンや『プレシャス』のモニークなどに移入し始める。しかし今年の作品賞レースは、まったく違う方向へとバラバラに分かれていくだろう。例えば、『Spotlight(原題)』(この作品だけがスクリーン・アクターズ・ギルド賞のアンサンブル候補を通じて勢いを増し続けている)、『Brooklyn(原題)』、『オデッセイ』、『キャロル』とまだ公開されていない『レヴェナント:蘇えりし者』がある。この状況が、演技カテゴリーの賞レースにも波乱をもたらした。主演男優賞は誰の手におさまるか? ジョニー・デップ(『ブラック・スキャンダル』)か、レオナルド・ディカプリオ(『レヴェナント 蘇えりし者』)か、マイケル・ファスベンダー(『スティーブ・ジョブズ』)だろうか? 主演女優賞は、ブリー・ラーソン(『Room(原題)』)か、シアーシャ・ローナン(『Brooklyn(原題)』)か、3度目の受賞となるケイト・ブランシェット(『キャロル』)だろうか? 唯一の一致した意見は、ルーニー・マーラ(『キャロル』)とアリシア・ヴィカンダー(『リリーのすべて』)は素晴らしい演技をみせているということだけなのだが、あれでさえ、議論を招いている。十分な上映時間だったにも関わらず、この二人の女優は、助演女優賞のレースに推されている。アカデミー賞はそれでも抵抗して(ひとりもしくは両方を)主演の賞にノミネートするだろうか。首をかしげている専門家たちもいるのだ。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。