ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パイナップル風味が金運を呼ぶ! 台湾風やわらか叉焼[スピ・レシピ]

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
110721recipe01.JPG

幸せを引き寄せる「スピリチュアル・レシピ」の第27回目です。
今回は、パイナップルジュースを使った本格的な叉焼(チャーシュー)のレシピをご紹介します。

パイナップルは、台湾では金運を呼び込んでくれる縁起の良い食べ物として、昔からとても人気があるフルーツなのです。これは、その鮮やかな黄色が金運を呼ぶというのはもちろん、台湾語でパイナップルのことを「オンライ」と呼び、繁栄の意味を表す「旺来(オンライ)」と同じ発音だからだそう。どこの国でも験担ぎの基本は語呂合わせなんですね。

そして、叉焼の漬けダレは、砂糖をたくさん使った甘めの味付けが基本ですが、パイナップルジュースを加えることで、適度な酸味が加わり、さっぱりとした食べ味に仕上がります。しかも、生のパイナップルには、豚肉を柔らかくしてくれる働きをする酵素が! 本当に簡単に作れますから、ほのかにパイナップルが香る焼き立ての叉焼を、台湾旅行気分でぜひ自宅で召し上がってみてください。お酒との相性もバッチリですよ。

それではレシピをご紹介します。
 

パイナップル風味が金運を呼ぶ! 台湾風やわらか叉焼】

分量/2人分 調理時間/15分(漬け込む時間を除く)
▽材料
豚肉(肩ロース肉、厚切り)2枚
<叉焼用漬けダレ>
  パイナップルジュース(生)大さじ4
  砂糖大さじ8
  塩小さじ2
  しょうゆ小さじ2
  オイスターソース大さじ1
  白すりごま大さじ2
  ごま油小さじ1/2
長ねぎ6cm長さ
香菜適宜
パイナップル適宜
 

作り方

1、豚肉の下処理をする。赤身と脂身の間にあるスジに数か所包丁で切れ込みを入れ、全体を包丁の背で叩いておく。
 

110721recipe02.JPG

2、叉焼用の漬けダレの材料をすべてボウルに入れ、よく混ぜ合わせ、豚肉を1時間漬け込む。
 
3、長ねぎは、縦に切れ目を入れて芯を除き、千切りにして冷たい水にさらす(白髪ねぎ)。香菜は3~4cmの長さに切る。パイナップルはヘタを落としてくし切りにし、実を一口大に切る。
 

110721recipe03.JPG

4、叉焼を焼く。漬け込んでおいた豚肉のタレを軽く拭い、魚焼き器(あるいは250度のオーブン)で8分程焼く。焼けたら取り出し、3分程休ませる
 

110721recipe04.JPG

5、焦げた部分を切り取り、一口大のそぎ切りにして器に盛る。香菜と白髪ねぎを乗せ、パイナップルを添える。

 

ポイント

パイナップルジュースは、加熱されていない生のものを使いましょう。
(開運料理研究家/加藤シンゴ)


(マイスピ)記事関連リンク
お手軽スパイシー! 婚活応援♡タンドール風チキン[スピ・レシピ]
節電サマーに! トマトとアボカドのアンチエイジング冷やし鉢[スピ・レシピ]
楊貴妃もお気に入り!? すいかたっぷりのビューティー杏仁豆腐[スピ・レシピ]

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。