ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【絵本】ネットで話題沸騰!子供心くすぐる今注目の画家junaidaとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

独特な絵柄で不思議な世界を描く精鋭画家junaidaとは何者なのか。今回は謎に包まれたjunaidaと、彼の魅力的な作品の世界をご紹介します。

謎に包まれた人気作家

ふじくら@FujikurA_1953

フォローする

junaidaっていう男性の方が描かれてるんだけど絵本とか好きな人は絶対すき(^ω^)私もすきぃ Hugシリーズって本がめちゃくちゃ可愛い・・・人魚姫とか悪魔と天使とか綺麗であったっかい作風なう(^ω^) http://t.co/Ou1ywfI9

返信 リツイート お気に入り登録

2012.12.1 16:13

む ひろみ(ひーたん )@hitotoromi_s27

フォローする

三越にある、junaidaさんの絵がいっぱいに飾られたクリスマスツリーがほんとにすてき。テーマはHAG。おともだちから家族、いろんな生き物の“ぎゅーっ”が詰まってる!すてき。 http://t.co/ukkxtRH

返信 リツイート お気に入り登録

2012.11.20 23:44

ネット上ではこのように人気沸騰中なのですが、名前だけでは国籍や性別さえもわかりにくく、その実どんな人なのかはあまり知られていません。

junaidaとは

junaida(ジュナイダ)1978年生まれ。画家。京都在住。2007年から2011年まで芸能プロダクションAMUSEにアーティストとして所属。2014年より、京都精華大学客員教授に就任。ボローニャ国際絵本原画展2015入選。近年は、三越クリスマス催事への作品提供や、西武グループによるSEIBU PRINCE CLUBのポスターなどを担当。近著に、鉱石の世界を描いた『LAPIS・MOTION IN THE SILENCE』、北欧文学からインスパイアされた『NORDIC TALES』、宮澤賢治の世界を描いた『IHATOVO』シリーズなど。

出典:僕は『絵描き』になった。junaidaという画家、その作品、絵画論

日本人の作家さんで現在は京都精華大の客員教授をやりながらアート活動を続けているそうです。

画像出典:http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/files/2014/02/junaida.jpg

junaida | 京都精華大学

http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/junaida/

京都精華大の漫画学部客員教授としてのjunaidaさんのページ。

junaida.com

http://www.junaida.com

こちらがjunaidaさんのウェブホームページです。

出典:http://www.1101.com/junaida/2015-06-09.html

ほぼ日インタビュー「僕は『絵描き』になった。」

「ほぼ日手帳」で有名な「ほぼ日刊イトイ新聞」でもjunaidaさんの特集インタビューを計四回に渡り行っています。

僕は、やっぱり‥‥「人によろこんでほしい」んだと思います。自分の表現は大事にしつつ、そのうえで、見た人によろこんでもらえて、見た人に何かを感じてもらえるような、そういう絵を描きたいと、いつも思ってるので。

出典:僕は「絵描き」になった。-ほぼ日刊イトイ新聞

絵を描くこととそのモチベーションについて問われた際のjunaidaさんの回答

僕は「絵描き」になった。-ほぼ日刊イトイ新聞

http://www.1101.com/junaida/2015-06-09.html

最新作|LAPIS ・MOTION IN THE SILENCE

出典:http://www.junaida.com/archives/1461

LAPIS・MOTION IN THE SILENCE

junaidaの最も新しい作品。鉱石の躍動と静寂をテーマにした連作群で、一見無機的に見える鉱石と叙情的な子供達が対照的に描かれており、見る者の心を揺さぶる。

出典:http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/junaida/

出典:https://www.pinterest.com/pin/296322850456767179/

出典:http://www.favmedia.me/medias/581093113030053888

瞬間の世界ではとどまっているのかも知れない鉱石も、宇宙的な時間世界では流動しているに違いない。物言わぬ鉱石の静寂、そしてその中から湧き出て来る静かな躍動感というものを絵にしたい。そういう思いでおよそ1年半にわたって描き続けてきた連作を、1冊の画集にしました。

出典:junaida.com » BOOKS

自身のホームページでこのように作者は語っています。

三越百貨店のクリスマス・ディスプレイも担当

出典:http://tamaminpou.blog25.fc2.com/blog-entry-987.html

ここ数年間は百貨店三越のクリスマス・ディスプレイも担当しており、街中で見かけて心を奪われた方も多いのではないだろうか。

出典:http://housekinoblog.blog.fc2.com/?tag=junaida

こちらは2012年「Hearts」をテーマにしたディスプレイ。このような立体展示もあった。

以下三作品が三越クリスマス・ディスプレイで作成したイラスト群をまとめたものになっている。

出典:https://www.pinterest.com/pin/521080619363159071/

HUG

上記の2012年三越クリスマス「Hearts」の際に使用されたイラスト群。温もりが滲み出てくるような体温を感じさせるタッチの作品である。大切な人に送るのもよいかもしれない。

出典:http://www.junaida.com/gallery/

出典:http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/junaida/

HOME

2013年のクリスマス・ディスプレイをまとめた『HOME』。家をモチーフにした作品。家と、木々や人々や楽器を融合させて描く独特な作風が見る者の好奇心や子供心をくすぐる。

出典:http://www.junaida.com/gallery/

出典:https://www.kyoto-seika.ac.jp/info/info/topics/2014/12/01/27896/

NORDIC TALES

2014年三越クリスマス・ディスプレイではお題が「北欧」だったため北欧を代表する童話作家トーベ・ヤンソン、セルマ・ラーゲルレーヴ、H.C.アンデルセンの3人の作品の場面を切り取り挿絵と合わせた作品となっている。

人気バンド 羊毛とおはなのジャケットも担当

透明感のあるふわふわとした音楽性で高い人気を誇った羊毛とおはなのジャケットも人気が高い。バンドの音楽性とイラストの雰囲気が絶妙にマッチしている。

出典:http://ameblo.jp/kamipierce/entry-12012617022.html

出典:http://ameblo.jp/kamipierce/entry-12012617022.html

チカ@chika_soloist

フォローする

きょうの春市で気になったjunaida、検索したら、羊毛とおはなのジャケットも描いてはる すてき。このHedgehog Books and Gallery いってみなくちゃ Hedgehog Books and Gallery http://bit.ly/haGNpD 返信 リツイート お気に入り登録

2011.4.17 22:42

junaida作品が並ぶお店

出典:http://www.hedgehog-books.com

Hedgehog Books and Gallery

京都市荒神口にある小さな温かみのあるギャラリー。実はjunaidaさんの奥さんが経営しているとの情報も。junaidaを始めたくさんのアーティストの作品を展示、販売している。junaida作品は基本的にこのお店か通販でしか購入できないので、是非足を運んでみて直に作品を見てもらいたい。

出典:http://tokyonominoichi.com/2015_spring/archives/exhibitors/p318

小さくもホームメイドのような温かみを感じさせるギャラリー。奥には同じような雰囲気の古家具店があり上階には京都での人気カフェ『かもがわカフェ』がある。

出典:https://twitter.com/junaida_oekaki?lang=ja

2016 カレンダーポスター

一面音楽に包まれた世界を感じられるポスター。細かいところまで念入りに書き込まれていてついつい見入ってしまう。そして今回写真で使用しているこの吊り下げ式のポスターフレームはHedgehogのプロダクト部門「THREE TREES FACTORY」の新作で「HANGING POSTER FRAME A2」であり、これもHedgehogで購入可能。

出典:http://klear.com/profile/junaida_oekaki

こういった缶バッチも購入できます。

SIRON (しろん)@radical_sheep

フォローする

Hedgehogさんではjunaidaさんの2年ぶりのホームベースでの個展をみてきました。junaidaさんの絵だいすき!ほくほく。 返信 リツイート お気に入り登録

2013.3.30 21:04

Hedgehog Books and Gallery:ヘッジホッグ ブックス アンド ギャラリー

http://www.hedgehog-books.com

京都の荒神口にある古本とギャラリーのお店、Hedgehog(ヘッジホッグ)営業時間:12:00-19:00定休日:木曜日+不定休(※イベント開催期間以外の営業日時は不定休となります。時間変更・臨時休業はトップページにてご確認ください。)住所:京都市上京区西三本木通荒神口下る上生洲町229-1電話番号:075-708-6106

まとめ

魅力溢れるjunaidaの作品世界。これからどんどん人気が高まること間違いなしの作品を一度見てみて、手に取ってみてはいかがでしょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP