ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘアーカラーを綺麗に長持ちさせるには?髪のメカニズムを知れ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カラーリングの色抜け・色落ちが早い3つの原因

前回コラムで、髪を染めても色が抜ける3つの原因として、
①美容室で使用しているカラー剤
②自宅でのシャンプーのコツ
③髪のメカニズム
3つの中の①②までお話しました。
今回は、最後の3つ目の原因として挙げていた「髪のメカニズム」についてお話します。

 

カラーリングが落ちやすい、髪のメカニズムとは

黒髪には赤色とオレンジ色が入っていると思って下さい。たまに色素が薄い方もいらっしゃいますが、日本人に多いのは太くて硬いメラニン色素が多い髪です。
最近は細い癖毛の方も増えてきている気がしますが、こういう猫っ毛タイプはメラニン色素が薄いです。
髪には赤とオレンジが入っていると言いましたが、カラーリングする時にやっかいなのが、この赤とオレンジなんです。アッシュやマット系にする場合、完全に逆の色味ですからね!
赤の反対色はマットですし、オレンジの反対色はアッシュです。
このメラニン色素が強い方は、アッシュやマット系で染めても赤みが残りやすいんです。美容室でアッシュ系に染めたのに「えっ、赤みあるんだけど…(涙)」そんな経験あるかと思いますが、かなり強い色素で打ち消さないとダメなんです!
もしくはなるべく明るくすることで、メラニン色素が削れていくので、アッシュやマット系は主張しやすくなります。髪が太くて硬い方はダブルプロセスのカラーリングにする方が理想に近くなります。一度明るくしてメラニン色素を減らし、再度色味を入れるということです。

 

髪のメカニズムでキレイなカラーをキープ♪

こうすれば、かなり赤みを抑えることができます。最近、カラー剤も多少進化してきて、綺麗な色味が出るように改良がされてきています。
これからのカラー剤のさらなる進化に期待したいものですね!
参考にして、自分にぴったりのヘアーカラーをキレイにキープしてくださいね。
他にも裏技などありますが、今回はこの辺にしておきます。

後藤孝一(ハイヤマカシ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP