ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイドリアン・ヤング ジェイ・Z、コモン、タリブ・クウェリらが挙ってサンプリングしたあの名盤の第2弾が遂に日本リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大注目のプロデューサー、エイドリアン・ヤングによる“架空のブラック・ムービーのサントラ”シリーズ第2弾『サムシング・アバウト・エイプリル2』が2016年1月20日に日本リリースされる。

 ゴーストフェイス・キラーとのコラボ・アルバム『12 Reasons To Die I & II』をはじめ、ソウルズ・オブ・ミスチーフのリユニオン・アルバム『There Is Only Now』やビラルの最新作「In Another Life』のトータル・プロデュースなど、昨今のヒップホップ~R&Bシーンにおける、とりわけ“黒く”て“ソウルフル”な作品には必ず関与している大注目のプロデューサー、エイドリアン・ヤング。

 2011年に<Wax Poetics Records>より発表した『Something About April』は、架空のブラック・ムービーのサントラというテーマで制作され、収録曲「Sirens」がジェイ・Zの「Picasso Baby」でサンプリングされ、その後もコモンが同作収録の「It’s Me」、タリブ・クウェリが「Two Hearts Combine」をそれぞれサンプリングし、更にはDJプレミアとロイス・ダ・ファイヴ・ナインによるユニット=プライムがエイドリアン・ヤング関連の楽曲のみをサンプリングしてアルバムを制作するという異例の事態が発生するなど、現行ミュージシャンでありながら70年代ソウルのレジェンド達のようにサンプリングされまくる存在となった。

 その待望の続編となる『サムシング・アバウト・エイプリル2』が、自身が主宰するよりリリースされ、ここ日本でも発売されることになった。今回も架空のブラック・ムービーのサントラというテーマを一貫し、自ら演奏するヴィンテージ機材による暖かい肌触りのサウンドと、鬼才エンニオ・モリコーネを彷彿させる想像力豊かなコンポージングが組み合わさった極上のソウル・ミュージックに、ビラル、ラファエル・サディーク、そしてステレオラブのレティシア・サディエールらの一流シンガーがマイクを握る、ブラック・ソウル絵巻を展開している。

◎「Sittin’ By The Radio feat. Loren Oden」MV
https://youtu.be/G79wav8rQEs

◎『サムシング・アバウト・エイプリル2』トラックリスト
01. Sittin’ By The Radio feat. Loren Oden
02. Winter Is Here feat. Karolina
03. Sandrine feat. Loren Oden
04. Step Beyond feat. Latitia Sadier (Streolab) & Bilal
05. Sea Motet
06. Memories Of War feat. Latitia Sadier (Streolab)
07. Psalms feat. Loren Oden
08. Magic Music feat. Raphael Saadiq
09. Ready To Love feat. Loren Oden & Latitia Sadier (Streolab)
10. La Ballade feat. Latitia Sadier (Streolab) & Bilal
11. April Sonata
12. Hands Of God feat. Karolina & Latitia Sadier (Streolab)
13. Hear My Love feat. Karolina & Loren Oden

◎リリース情報
『サムシング・アバウト・エイプリル2』
エイドリアン・ヤング
2016/1/20 RELEASE
2,200円(plus tax)
※林剛氏による日本語解説付

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: 父となったクリス・ブラウン、様々な面においての成長が伺える『ロイヤルティ』
故B.B.キングの故郷ミシシッピで墓碑の除幕式が行われる
オバマ米大統領夫妻、2015年のお気に入りの1曲を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP