ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Nextshark」が紹介するのは、中国人イラストレーターのYao Xiaoさん。「ごめんね」とつい言ってしまいがちなシチュエーションを「ありがとう」に言い換える。これが、気持ちを伝えるのに効果的であることをイラストで教えてくれます。
謝ってしまいそうな場面で、あえて「ありがとう!」これ、意外に役立つかも。

01.
待ち合わせに遅れちゃった時
あえて「ありがとね」から。

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

「アリガト〜待ってくれて!」
「えっ、うん大丈夫!」

「ごめんね〜、また遅れた」
「他にはっ!」

02.
もっと、自分のことを
知ってもらうため

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

「分かろうとしてくれたの、すごく伝わった。ありがと。」

「全然意味が伝わんなかった、よね?ゴメン…」

03.
遊びに出かけたけど
本調子じゃなかった場合

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

「今日は付き合ってくれてありがとう」
「もちろんよ!」

「ごめんね〜、なんか調子でなくて…」
「そうだったの、ゴメンね」

04.
「いつでも相談に乗るよ」
と思わせるテクニック

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

「いや、マジ聞いてくれてありがとう!」

「ゴメン…なんか、とりとめのない話しちゃって」

05.
初対面の人と
打ち解けるには?

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

「理解しようとしてくれてありがとう」

「もしかしたら、気を使わせすぎちゃったよね?」

06.
デート後のお礼は
超ポジティブモードで!

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

「私に興味を持ってくれてありがとう。楽しかった!」

「ひょっとして、ガッカリさせちゃったかな?」

07.
「ごめんね」には理由がある
「ありがとう」はいつでもOK!

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えると、人生はもっと素敵になる

「たとえ、それを彼らが分かっていようがいまいが。他人がしてくれたことには、とにかく感謝!」

「本当に、謝る必要がある場面ですか?何も間違ったり、悪くない時だってあるはずだから」

Licensed material used with permission by Nexshark

関連記事リンク(外部サイト)

日本人男性の20人に1人。「色覚障がい」を見分けるテスト
食べ方でわかるあなたの性格診断。早食い派は、負けず嫌い?
「中国と香港は、違います」香港人が制作した、20枚のイラストが話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。