体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生を充実させるために、やめるべき「ムダな習慣」

Feeling exhausted. Frustrated young beard man massaging his nose

「あなたの活動の80%が、じつはムダな作業だ!」衝撃的な見出しとともに、日常生活の中に潜むムダを暴き出すのは、ライターChad Halvorson氏。曰く、べっとりと体に染み付いた、このムダを一つひとつ取り除いていけば、より少ない時間で効率的に成功を手にすることができる。言うは易し。
では、実際に何が“ムダな時間”だと彼は主張しているのでしょう?

01.
メールの返信は30分以内?
常にメールをチェックしない

000028965946_Large

2013年、アメリカ雇用状況の調査において、じつに労働者の約32%がメールを受け取ってから15以内に返信をしていると答えたそうです。さらに、約23%が30分以内に返信をしているようです。この、相手からのメールの返事を直ぐに返すことが、必ずしもいいことなのでしょうか?

常にメールをチェックしている状態、それには貴重な時間を多く費やさねばできません。でも、メールのチェックなんて、私たち自身でコントロールすべきものです。重要なプロジェクトに取り組んでいる時は、メールをはじめ、あらゆる通知をオフにする習慣を身につけましょう。もしくは1日2〜3回、新着メッセージを確認する時間を設定してみる。時間を節約できれば、はるかに多くのことを達成できるはずです。

02.
“完璧主義”の落とし穴
実際は、先延ばしにしている

000078214677_Large

何でも完璧にこなさないと気が済まない。完璧主義に囚われてしまうことが、ときにありますよね。効率的にタスクを行う代わりに、徹底にこだわり、結果として膨大な時間をムダにして終わります。単純に次のステップに進めばいいことも、気になると最後まで見届けなければ気持ちが悪いから。

完璧にしようとして、タスクに多くの時間を費やすことは、じつのところ、次のステップへと進まず、先延ばしにしているサインなのです。時間のムダをなくすためには、ほどほどに、いい塩梅を見極める力を養うこと。一度決断したら振り返らずに、次のステップへと進んでいきましょう。

03.
マルチタスクは単純作業のみ!
同時進行で物事を進めない

000081101337_Large

同時に2つ以上の作業をこなす“マルチタスク”。これが多くの人にとって、悪い習慣となる元凶だったり。よほど頭の回転が速い人や単純作業や反復作業でない限り、マルチタスクは生産性を下げます。なぜなら、一般的に脳は一度にひとつのことにしか集中できないから。

同時進行のように思えるけれど、脳内は常にタスクを切り替えることで、上手く集中することができません。ひとつのタスクに心を落ち着けて取り組むことができない場合、生産性を下げ時間をムダにしていると認識しましょう。次のタスクに移る前、時間を決めてひとつずつ集中して取り組む方が、結果として速く終わらせることができますよ。

04.
人・モノ・こと
“邪魔する何か”が
11分ごとに襲ってくる?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy