ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動力は電気!アジアNo.1の大学の学生がパーソナルマルチコプターを開発!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英教育専門誌タイムズが発表する「世界大学ランキング」でアジアNo.1に輝いたシンガポール国立大学の学生が、電力で動くパーソナルマルチコプターを開発した。

・自力で飛行が可能!

同大学の3年生が中心となって作られたパーソナルマルチコプターのフレームは、特殊な金属・カーボンファイバー・ケプラー繊維のロープで作られており、24個のモーターが搭載されプロペラで飛ぶことができる。乗り物はパイロットが自力で操縦できるのはもちろんのこと、遠隔からの操作も可能となっている。

最大70キロの人が、このマシンを使って5分ほど空中浮遊できるそうだが、飛行時間はまだまだ伸びる余地がありそうだ。

・将来的には商業化?

開発したのは同大の学生による共同チームで、グループのShawn Simさんによると最も開発に苦労した点は「人を空中に浮かせるため、モーターなどの動力の重さや機体の重さを調節すること」だったとのこと。
今後もプロジェクトは継続予定で、安全性やコントロールのソフトウェアの精度を上げ、商業化に近づけたいとしている。

Singapore students build first personal flying machin

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。