ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「主役は私たち全員だ」2020年東京オリンピックのポスターが熱い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!
電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上トラックやテニスコート、プール…選手たちの活躍の場をモチーフに、熱いコピーが添えられています。

胸を熱くするキャッチコピー
東京五輪まで、あと5年!

これらのポスターは、あと、5年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京海上日動火災保険株式会社が制作したもの。アスリート、人、社会の「すべての挑戦を応援したい」という思いを込めて、全国8つのエリアで2015年9月28日〜10月31日の期間掲示されました。

どれも、私たち一人ひとりにも訴えかけてくる、強いメッセージが込められています。世界があっと驚く大会、やっぱり期待せずにはいられない!

01.
5年後、
さすがJAPAN!
って言われたいよね。

02.
選手でなくても、
スポーツが苦手でも、
参加できるオリンピックが
やって来る。

03.
パラリンピックが
盛り上がる国は、
挑戦心にあふれる国だ。

04.
選手と同じくらい真剣に、
私たちは2020年を
見つめているだろうか。

05.
外国人に道を
聞かれたらどうしよう、
と考えている小学生は、
エライね。

06.
オリンピックは
日本のチャンスだ。

07.
目標のある国は、
人は、
強い。

08.
オリンピックが
何をしてくれるか、ではなく、
オリンピックに何ができるか、
だと思う。

09.
パラリンピックを
盛り上げるために、
今からパラスポーツを
応援しよう。

10.
会場が東京なだけ。
主役は私たち全員だ。

2020年夏の開催まで、あと1680日ちょっと。オリンピック出場を目指そう!なんて言うつもりはありませんが、「オリンピックまでに…」と自分への挑戦を思い描いていたり、すでに実行している人も多いはずです。さて、来るべきその日まで、あなたらなどう過ごしますか?

▼東京海上日動ホームページ・スペシャルサイト「挑戦」はこちらから。

Licensed material used with permission by 東京海上日動火災保険株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!
「木」をそのまま使ったシャンデリアが、幻想的すぎる!
この写真の「違和感」に、あなたは気づけますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP