ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鳥取のすなば珈琲が東京「初」進出!!米国系コーヒーショップのレシート持参で半額キャンペーンも

DATE:
  • ガジェット通信を≫


長らくスターバックス「空白地」だった鳥取にスタバが進出するニュースは話題となった。「鳥取にはスタバはないけど”すなば”はある」と知事が発言したことがきっかけとなりオープンした「すなば珈琲」は、そのネーミングと話題性でたちまち知名度は全国区になったカフェ。その「すなば珈琲」が東京に初進出する。

「すなば珈琲」が初出店するのは12月17日~12月20日、森永製菓の「美味しいのに崖っぷちなお菓子」アーモンド菓子「JACK」と、「崖からの大脱出」をめざして共同でキャンペーンを行う。「JACK」とは売れずに終売間近の森永製菓のお菓子。キャンペーン開催場所は、東京都 新宿区 左門町 1‐17 アパルトマン四谷 1F。

「すなば珈琲」は崖っぷちな状態を奇跡的に乗り越えたカフェ。感謝の意味からも崖っぷちな人を手助けしたいと模索していた。そして自ら森永製菓に打診し、協力を提案したという背景がある。

今回の「崖からの大脱出キャンペーン」では鳥取にはない東京限定メニュー「JACKアーモンドキャラメル崖っぷちーノ」が登場。
「JACKアーモンドキャラメル崖っぷちーノ」は、濃厚なサイフォン式ブレンドコーヒーのキャラメルマキアートに、ローストアーモンドに焦がしキャラメルをコーティングした「JACK」をトッピングした限定メニュー。「すなば珈琲」と「JACK」の美味しさを一度に味わえる、ここでしか飲めないコーヒーだ。

「崖からの大脱出キャンペーン」にはお得な3つの秘策をご用意。
1. 先着30名様に毎日「JACKとブレンドコーヒーのセット」のプレゼント
2. 近くの米国系珈琲ショップのレシートを持参すると「JACKとブレンドコーヒーのセット」が半額に!
3. 米国系珈琲ショップより美味しくなかったと言った人にはお代分をいただかない
これは飲まなきゃソン!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP