体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

玉置浩二、ビルボードクラシックスFINAL公演レポート!クラシックと融合した革新的ライブの集大成

玉置浩二、ビルボードクラシックスFINAL公演レポート!クラシックと融合した革新的ライブの集大成

 2015年12月8日、東京国際フォーラム・ホールAにて【玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート2015−FINAL−】が行われた。

 今年よりスタートした玉置浩二のbillboard classics公演。2016年には再演も決定しているが、この日は、その2015年の締めくくりとして、玉置浩二と指揮者の大友直人、そして東京フィルハーモニー交響楽団という三者が改めてタッグを組んだ。会場には性別/世代問わず多くのファンが集結、開演前から熱気が溢れた。

 ライブが始まると、まずはオーケストラと大友が先に登場。ライブのイントロとなる「序曲」から演奏を開始する。玉置の代表曲「田園」のフレーズをモチーフとして引用した演奏に、早くもライブ後半の盛り上がりを予感させた。

 続く「あこがれ」の演奏中、観客の拍手に迎えられて玉置が入場。まだマイクを手にしていないにも関わらず、そのハミングが微かに聴こえ、生声が東京国際フォーラムのホールに響く。その様子もまた後の熱唱を予感させた。

 3曲目の「ロマン」からはいよいよ玉置の歌が入る。まずは抑え目の歌唱でありながら、圧倒的な声の存在感で聴かせる。口元から離れた、胸の前あたりで持たれたハンドマイクも印象的で、玉置はマイクと顔との距離を自在にコントロールし、そのテクニックで視覚的にも観客を魅せた。

 「GOLD」、「碧い瞳のエリス」とロマンチックなオーケストラのアレンジに合わせて、抑制の効いた歌が続いた前半。ここで玉置のMCパートが訪れる。玉置はこの東京国際フォーラムでbillboard classicsの最終公演を迎えることができたことへの喜びと感謝を語り、続けて「僕は愛を信じてまして…平和を信じ、幸せを願い、今日は歌って参ります。」と語った。結局、玉置がこの日、MCで語ったのはこの時だけだったが、その誠実な語り口に会場からは大きな拍手が起きた。MC後、第一部の後半はさらにヒートアップ。「夢のつづき」や「MR. LONLEY~メロディー」のメドレーでより幅広い歌声を聴かせ、最後は「Friend」の演奏で前半を折り返した。

 約20分の休憩を挟んで行われた第二部では、冒頭でオーケストラのみの演奏でブラームス作曲の「ハンガリー舞曲第1番」を披露。普段の東京フィルハーモニー交響楽団のレパートリー曲をここで演奏することで、改めてオーケストラの機能や音色をプレゼンテーションする。今回の企画が、玉置にとってだけでなく、彼のファンにとってもクラシック音楽との出会いの場であることに改めて気付かされる。

 続いて登場した玉置は、第一部の衣装にストールを巻いて、より華やかな装いで登場。オーケストラと合流し、人気曲「田園」を演奏する。オーケストラのストリングスが前面に出たイントロでは「待ってました!」とばかりに客席から手拍子が起こるなど、会場のテンションは最高潮に達した。

 「恋の予感」は、ささやくような歌い方から始まり、最後は声を張り上げてシャウトする構成で、玉置の歌のダイナミクスが存分に発揮される一曲に。玉置はそうした歌のダイナミクスをライブの随所で発揮しており、それがオーケストラの持つダイナミクスの特性と、見事に双方を活かしあっていた。

 2014年に発表された「それ以外に何がある」は、シンプルで分かりやすい言葉を、聞き取りやすい歌い方で届ける一曲で、声の魅力だけでなく、その言葉がしっかりと聞き手の心に入ってくる。また、「いかないで」ではほとんどオフマイクと言えるようなマイク位置でサビの一節を絶唱し、その表現力でもファンを魅了した。

 低音の地声から高音の裏声まで、豊かで魅力的な声色のまま幅広い音域を歌える圧倒的な歌唱力。加えて、あくまで日本語を大切にした歌でありながら、都会的で現代的な響きを失うことのない歌の魅力を存分に発揮した玉置。第二部ラストは「ワインレッドの心~じれったい~熱視線」のメドレー、そして「コール」という順に歌い、大盛況で本編を閉じた。

 総立ちの観客に迎えられ行われたアンコール。オーケストラ、大友に続いて登場した玉置だが、拍手が足りないとばかりに冗談めいた表情を作り、何度も舞台袖に下がってファンを笑わせる場面も。そんな朗らかで満ち足りたムードの中、アンコール1曲目としてまずは松井五郎作詞の名曲「悲しみにさよなら」を披露した。

 そしてクライマックス。最後はマイクを完全に横に置き、玉置がかつて井上陽水と共作した「夏の終りのハーモニー」のオーケストラ版を、マイクを通さない完全な生声で熱唱。五千人規模の会場に歌声が染み渡る圧巻のパフォーマンスに、多くのファンから嘆息が漏れる。会場の全員が耳を澄ませた静謐な雰囲気の中、最後まで歌い切り大喝采を呼んだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。