ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

近年じわじわ来ています!「茶色×メタル」なお部屋で気分一新!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

異素材なのに不思議と馴染む「茶色×メタル」。インテリア最先端の「茶色×メタル」なお部屋を集めてみました。

「茶色×メタル」とは、何ぞや?

出典:https://suvaco.jp/doc/cool_interior-150104#!

茶色に、メタリック素材を加えたインテリアコーディネートです。茶色と言っても、黄色やベージュに近い木の色から、濃いブラウンまで幅があります。メタルも、昔流行ったエレクターに代表されるステンレスやクロム素材、また、艶有りor艶消しorグレーっぽいものまで幅があります。

どうやって作るの?

出典:http://sarashima.exblog.jp/

茶色にメタルを加えるだけ! とても簡単です。難しく考えず、早速「茶色×メタル」な、お部屋を見ていきましょう。

出典:http://news.mynavi.jp/news/2014/12/02/519/

濃い目の茶色×グレーベースのメタル。ベッドの脚など、ちょっとした所にメタルが入っています。茶色×グレーで、大人の重厚感溢れるお部屋です。

出典:http://ameblo.jp/tokyo-interior/entry-11265036263.html

ロフトが寝室になっています。フローリングの茶色い床で、手すりや配管部分がグレーメタルです。このお部屋は、茶色がないとクールな印象になりますが、茶色が入ることによりウォーム&クールの、新鮮且つ落ち着く空間となっています。

台所もメタル

出典:http://ameblo.jp/tokyo-interior/theme2-10062443131.html

台所は気づいていないだけで、元から「茶色×メタル」のお宅も多いのではないでしょうか?何も、特別な色合わせではないのです。普通に使っていたりします。

出典:http://ameblo.jp/tokyo-interior/entry-11254440572.html

茶色の色味が違うと、また違った雰囲気に。

洗面所もメタル

出典:http://ameblo.jp/tokyo-interior/entry-11332968843.html

洗面所も、意外に元から「茶色×メタル」だったりします。台所と同じ原理ですね。

出典:https://www.pinterest.com/pin/124834220898202122/

「茶色×メタル×グリーン」雑貨屋さん&カフェ風を目指すなら、こんな感じ。自分の好きなものを「ぎゅぎゅ」っと詰め込んだお部屋です。可愛いですね!

出典:https://tagle.jp/house/swh00000240011

「茶色×メタル×オレンジ×ピンク」暖色系で色を繋いだ、明るいお部屋。シンプルなスッキリと片付いたお部屋に、少量のメタルが効いています!

出典:http://www.yo-hey.com/archives/51202657.html

「茶色×メタル×白×黒」フロアライトやボックスのメタルも、自然に馴染んでいる男性のお部屋です。

出典:http://mahomekko.exblog.jp/m2012-09-01/

「茶色×メタル×赤」茶色に赤は合うのですが、インテリアとなると、赤は部分使いにとどめた方が良いように思います。ポイント使いにすると「茶色×メタル」にも馴染み、お洒落感がアップします。尚、茶色ベースのお部屋に取り入れるのが難しい色は「赤・紫・黒」です。上手く取り入れないと、そこだけが目立つので「馴染ませ力」が必要になってきます。上級者以外は、他の色でコーディネートするのが安全です。

おわりに

出典:http://blog.livedoor.jp/chicinteriorplanning/archives/2007192.html

私の部屋は、5年前までアジアンテイストでした。バリ風のテイストは気に入っていたのですが、窓から見える日本の景色と合わず、少しずつ崩してゆき、ホテルライクな部屋を経て、現在に至ります。最終的に「茶色×メタル×オレンジの部屋」になり、やっと日本の景色と馴染んだ気がします(苦笑)あんまり頑張り過ぎない。でもお洒落で居心地が良い「茶色×メタル」のお部屋。新年を迎える前に、少しインテリアをチェンジしてみませんか?自分が心地よく過ごせるように(^^)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP