ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾グルメを食べ尽くそう!おすすめ夜市トップ10

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: D「台湾〜台北」

Photo credit: D「台湾〜台北」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
台湾といえばやっぱり夜市。ローカルな魅力がたっぷりです。地元の人が集まる夜市は、美味しいグルメ、可愛い雑貨、そしてなによりお財布に優しいところがたまりません。
若者たちの流行が集まるので、今の台湾トレンドを知るのにもぴったりです。今回は、台湾のおすすめ夜市を10スポットご紹介します!

台北

1. 士林夜市

Photo credit: coco「台湾」

Photo credit: coco「台湾」

美味しいグルメ、プチプラの可愛い洋服、そしてレトロなゲームまで楽しめる台湾でもっとも有名な夜市です。MRT剣潭駅を降りると、いたるところに士林夜市への行き方が書いてあるので、迷うことはありません。
日本で買うと高値の水着やピアスやネックレスなどの小さなアクセサリーも、士林夜市なら欲しいものを思う存分買い物できちゃいます。
もちろん屋台グルメも満載で、定番の蚵仔煎(牡蠣オムレツ)や大香腸(台湾ソーセージ)、最近生まれたメニューもたくさんあります。

士林夜市は規模が大きく、一夜では回りきれないほど!日本人女子好みの洋服や雑貨も、めちゃめちゃ安いので、時間に余裕を持っていくべし♪
出典:「台北女子旅♡ グルメ&ショッピング!」Momoko Nishikawa|Compathy(コンパシー)

士林夜市/Shilin Night Market
住所:台湾 台北市士林區基河路101号(台北市大東路、基河路周辺)
営業時間:月〜木曜日15:00〜24:00ごろ、金〜日曜日11:30〜深夜1:00ごろ(店により異なります)
休日:旧正月前後(店により異なります)
アクセス:台北MRT剣潭駅より徒歩5分

2. 饒河街夜市

Photo credit: 黃茗遠 黃茗遠 via flickr cc

Photo credit: 黃茗遠 黃茗遠 via flickr cc

饒河街夜市は、士林夜市と並び2大夜市と呼ばれています。最大の特徴は400メートルの長い道一本が、まるごと夜市になっていることです。ぐるりと往復すれば、ほぼすべての店を見てまわることができます。
こちらの露天グルメで一番の有名どころと言えば、豚肉とネギの具に黒胡椒をたっぷり効かせた胡椒餅! 台北市内には胡椒餅の店舗は4つあり、こちらが本店です。かぶりつくたびに滲み出る肉汁とパリッと香ばしい皮が最高です!

MRT松山駅出口1からすぐの夜市です。入ってすぐのところにある露店は、開店前の17時すぎごろから行列ができていて、揚げた肉まんのようなおいしい有名な食べ物が食べられます。近くにはお寺もあり、夜にも飽きずに観光できるとてもいい場所です。
出典:“短い1本道で見やすい” 饒河街観光夜市の口コミートリップアドバイザー

饒河街夜市/Raohe Street Night Market
住所:台北市松山区饒河街
営業時間:17:00〜深夜1:00ごろ(店により異なります)
休日:年中無休
アクセス:台北MRT松山駅すぐ

3. 寧夏夜市

Photo credit: Yoshiko Miyazaki「食メインの食いだおれ旅 ~ 台湾・2回目 ~」

Photo credit: Yoshiko Miyazaki「食メインの食いだおれ旅 ~ 台湾・2回目 ~」

食の夜市といえば、寧夏路夜市! 規模は小さいですがおいしいグルメの屋台が軒を連ね、地元の人で賑わいます。こちらのおすすめは「塩酥鶏」という屋台。
店先には野菜や串に刺さっている生肉など材料が並んでいて、好きなものを選ぶと店員さんが屋台裏で炭火で美味しく焼いてくれます。焼いたものだけでなく、サクサクした食感の揚げ物も絶品です。
ほかの屋台には台湾スイーツの定番、パパイヤミルクもあります。カットしたての新鮮なパパイヤを、ミルクと一緒にミキサーで混ぜ合わせて作るジュースはほのかな甘みがとっても美味しいんです。

台北に戻り、夕飯。デザートは台湾の有名なスイーツ、かき氷!マンゴーと練乳の組み合わせはもう犯罪です。
出典:「台湾一周ぐるっと一人旅!」Akira Nakayama|ーCompathy(コンパシー)

寧夏夜市/Ningxia Night Market
住所:寧夏路夜市
営業時間:18:00~深夜3:00
休日:年中無休
アクセス:MRT雙連駅から徒歩10分、またはMRT中山駅徒歩15分

4. 師大夜市

Photo credit: Kinden Kuo via flickr cc

Photo credit: Kinden Kuo via flickr cc

近くには国立師範大学があり、洋服やアクセサリーの屋台が豊富で若者に大人気の夜市です。若者が集まるだけあり、売っているグルメもクレープやパイナップルパンといった甘いスナック系が多めです。
とくにパイナップルパンは長い行列ができるほどの人気。クッキー生地の皮はサクサク、なかにはバターがたっぷり入っています。
実はパイナップルの味はせず日本のメロンパンと名前の由来が同じで、見た目がパイナップルに似ているからこの名前がつけられたそうです。中身はバター以外にもチーズ味があり、お得なジュースとのセットもおすすめです。

死ぬほど美味しい!基本一回食べるとそこはまる!後早めに買いに行かないと完売なると店舗閉まるので。。。私はこういう目にあった事があるので、食べたい方は早めに行ってくださいね〜
出典:「台北グルメ旅行記ー日本人が知らない!!台湾ローカルグルメおすすめ」Fei Chen|ーCompathy(コンパシー)

師大夜市/Shida Night Market
住所:龍泉街、師大路周辺
営業時間:17:00~深夜1:00(店により異なります)
休日:年中無休
アクセス:MRT台電大楼駅近く

5. 通化街夜市(臨江街夜市)

Photo credit: 林充子「台湾 2015」

Photo credit: 林充子「台湾 2015」

こちらの夜市は朝になると伝統的な朝市が始まり、フルーツや野菜、肉や魚を地元のお母さんたちが買い物に訪れ、昼には洋服やバッグがディスプレイされます。夕方ごろからは徐々に屋台がオープンして賑やかになり、朝から夜まで台湾の日常的な風景を見ることができます。
こちらの夜市のおすすめは、豚の角煮やパクチー、ピーナッツなどの具に甘辛タレをかけた台湾バーガーです。
中に挟む肉は脂身か脂身以外の部分かを選ぶことができるので、脂身がちょっとニガテという方もぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

大肠包小肠なる物を食べる。一人で台湾旅行をしていることに既に後悔。一人じゃたくさん食べれないよ!すぐお腹がいっぱいになってしまう!
出典:「台湾 2015」林充子|ーCompathy(コンパシー)

臨江街夜市/Linjiang Street Night Market
住所:台北市 大安区 臨江街
営業時間:17:00~深夜まで(店により異なります)
休日:年中無休
アクセス:MRT信義安和駅すぐ

6. 遼寧街夜市

Photo credit: Kana「2014平渓天燈祭へ...」

Photo credit: Kana「2014平渓天燈祭へ…」

隠れ家的夜市といえば、遼寧街夜市。仕事帰りのサラリーマンやOLがビールを一杯飲みたい、という時によく利用するそうです。観光客もあまりいないので、騒がしいところはあまり得意じゃないという方にぴったりです。
ローカルな雰囲気が漂い、懐かしい空気を感じることができます。ビール片手に、リーズナブルで美味しい海鮮料理を食べて一日を締めくくりましょう!

海鮮料理が中心のちいさな夜市。観光客も少なめでローカルな雰囲気を味わえます。台北市の魯肉飯コンテストで入賞したお店もありました。場所はウェスティンホテルの近く、最寄りはMRT「南京復興」駅です。
出典:“ローカルな雰囲気漂う夜市” 遼寧街夜市の口コミートリップアドバイザー

遼寧街夜市/Liaoning Street Night Market
住所:遼寧街夜市
営業時間:17:00~深夜1:00(店によって異なります)
休日:年中無休
アクセス:MRT南京復興駅すぐ

7. 華西街観光夜市

Photo credit: Miki Hoshi「「台湾」いろいろ発見、ひとり歩きの旅!」

Photo credit: Miki Hoshi「「台湾」いろいろ発見、ひとり歩きの旅!」

台湾で最初に生まれ、もっとも歴史の長い夜市です。こちらの夜市の最大の特徴は、アクセサリーや歩き食いできるグルメ(小吃)がほとんど売られていないことで、漢方薬や足裏マッサージのお店など、ちょっぴり怪しげな雰囲気のお店が並びます。
なんといっても目を引くのは、ビンやショーケースに入れられたたくさんの蛇で、台湾では蛇の肉や血は滋養強壮にとても効き目があると言われているそうです。
怪しさ満載、不思議な台湾の魅力に触れたい方におすすめです。

昔からある商店街で異様な雰囲気が残っている。ヘビやスッポンの店もあるが普通の食堂も数多くならんでいて値段は安いと思いました。治安は良くないと聞きましたが怪しげな人がたむろしているようなことはありませんでした。
出典:“昔ながらの店が並んでいる” 華西街観光夜市の口コミートリップアドバイザー

華西街観光夜市/Huahsi Night Market
住所:台北市萬華区華西街
営業時間:18:00~深夜24:00(店により異なります)
休日:年中無休
アクセス:MRT龍山寺より徒歩10分

台中

8. 逢甲夜市

Photo credit: Nakatani YOshifumi via flickr cc

Photo credit: Nakatani YOshifumi via flickr cc

台中を代表する逢甲夜市は、大学前の商店街としてスタートしました。現在は大学生だけでなく、海外からの観光客や家族連れなど様々な人が訪れます。商店、屋台の数はなんと1500軒! 何時間いても楽しめます。学生向けの流行の商品が並んでいて、たくさんの掘り出し物と出会えますよ。
グルメの屋台の人気は、老舗のおでんやさん「黑輪伯」。屋台群のなかで唯一、テーブルとイスが用意されているので、座って食事をすることができます。

見るものすべてが美味しそうで、しかも安いっ
これはと思うものはとにかく食べまくりました
中には、顔ほどの大きさもあるフライドチキンが、240円ほどで買えてとてもお得でした
台中へ行かれる際には、是非ともお寄りください!
出典:“食べ歩きまくり”逢甲夜市の口コミートリップアドバイザー

逢甲夜市/Feng Chia Night Market
住所:台湾台中西屯區逢甲路
営業時間:12:00~深夜2:00(店により異なります)
休日:年中無休
アクセス:高鐵台中駅からタクシーで25分

台南

9. 花園夜市

Photo credit: Elsie Lin via flickr cc

Photo credit: Elsie Lin via flickr cc

台湾が誇るグルメの街、台南。そんな台南の人たちが大好きな夜市が、花園夜市です。日本の縁日に雰囲気が似ています。夜市の半分はグルメエリア、もう半分はゲームや買い物エリアになっています。
グルメエリアには揚げ物からスイーツまでなんでも揃い、とくにおすすめなのは「牛肉湯」です。新鮮な牛肉をあっさりしたスープにくぐらせていただきます。夜空の下で食べる台南グルメは最高ですよ。

飲食店、服飾店、雑貨店、ゲーム遊び等、区分けされていますが、初めて行く方は迷子にならない様に気をつけてください。そのくらい広い夜市です。食事の味は、台湾全土で一番美味しいと、現地の人が言っています。本当に美味しいです。
出典:“台湾で一番賑やかな夜市 !”花園夜市の口コミートリップアドバイザー

花園夜市/Tainan Flower Night Market
住所:台湾台南海安路と和緯路の交差点
営業時間:木、土、日の18:00~24:00
休日:月~水、金
アクセス:台湾鉄道台南駅からタクシーで10~15分

高雄

10. 六合夜市

Photo credit: Thomas Au via flickr cc

Photo credit: Thomas Au via flickr cc

高雄と言えば六合夜市! と言っても過言ではないほどの有名スポットです。小吃の数が多いことで有名な「大港埔夜市」という夜市から始まり、規模を少しずつ広げ、現在の六合夜市になりました。
道の中央には等間隔にイスとテーブル、ゴミ箱が用意されていて、人の多さもちょうど良いです。
屋台も定番メニューが並んでいるので、夜市デビューという方におすすめです。日本語の表示もあるので、注文するときにも安心して頼めます。

仲間みんなで、夜市に行きましたが台北のように人が動けないぐらいではなくて、適度にあるけ料理も美味しくて楽しめました
出典:“上手くて安い” 六合觀光夜市の口コミートリップアドバイザー

六合夜市/Liuhe Night Market
住所:高雄市新興區六合二路(六合二路の中山一路と自立ニ路の間)
営業時間:18:00~深夜2:00ごろ(店によって異なります)
休日:年中無休
アクセス:MRT紅線美麗島駅から徒歩2分

おわりに

台湾が誇る名物スポットの夜市はいかがでしたでしょうか。有名どころから地元の人に愛されるローカルまで、いろいろな魅力がありましたね。グルメも歩き食べしやすいように工夫がされていて、味はもちろん、見た目も面白いものがたくさんあります。
台湾を訪れる際にはぜひ、夜市をたっぷり満喫してくださいね!

ライター:Ayaka Komiyama
Photo by: D「台湾〜台北」

関連旅行記

*Fei Chen「台北グルメ旅行記ー日本人が知らない!!台湾ローカルグルメおすすめ」
*Momoko Nishikawa「台北女子旅♡ グルメ&ショッピング!」
*Akira Nakayama「台湾一周ぐるっと一人旅!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。