ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

移民も核も「問題を先送りしない」スウェーデン 理想を持ちつつ現実問題に対処する姿に羨望

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日のノーベル賞授賞式でも世界的に存在感を示したスウェーデン。教育費や医療費がほぼ無料、基礎年金は日本の倍という「高福祉国家」だが、国民負担率70%という高い税が課せられ、100万円稼いでも70万円は税金にとられてしまう。

12月14日放送のテレビ東京「未来世紀ジパング」は、北欧の理想郷と呼ばれるスウェーデンが直面する問題を取り上げた。番組ゲストでスウェーデン出身のモデル、カミラさんは複雑な胸のうちを明かす。

「(教育が無料なので)貧しい家に生まれても、将来成功するチャンスはある。けど、働かない人たちも国からお金をもらえるので、アンフェアだと思う」

申請を待つ難民にも月3万円が支給される「理想郷」

とはいえ見方を変えれば、働けない状態になっても安心して暮らせる国だ。そんな理想郷を目指し、いま多くの難民がスウェーデンに押し寄せている。

スウェーデンは難民受け入れに寛容な国で、ヨーロッパにおける2015年の難民受け入れ数は、ドイツの約80万人に次ぐ第2位だ。昨年の8万人に対して、今年1年間だけで約19万人の難民を受け入れている。

難民たちは申請が認められる数か月の間、移民局の宿泊施設で寝泊まりする。2段ベッドで8人部屋の、狭いが清潔感のある住居だ。洗面用具やタオルなど生活に必要な一式をもらい、申請中でも毎月約3万円が支給される。スマホを持っている人もいて、当面の生活に不自由はなさそうだった。

もともと国民の5人に1人が移民、または2世という土壌もあり、難民政策は国をあげて行われてきた。難民認定された人たちは、大人も子供もまず学校で言葉を習得する。授業料はすべて政府が負担し、社会に適応できるようサポートする。

驚くことに難民の子どもたちも、大学まで学費は一切かからない。小学校の校長は「スウェーデンでは分け隔てなくしっかりとした教育を受けられます」と誇らしげに語る。
政策見直しを発表する副首相の目に涙

手厚い保護を受けた元難民たちは、社会の担い手になっていた。老人養護施設で介護士として働く20歳の女性は「この仕事はやりがいがあって大好きです」と笑う。

53歳の男性介護士も「この仕事に満足しているし、幸せです」と語った。いまや介護士の4人に1人は元難民だという。

一見順調に見えるが、スウェーデン政府は先月末に難民政策の見直しを発表した。発表に立ったアサ・ロムソン副首相の声は震え、唇をかんで涙をこらえていた。

一番の理由は、予算不足だ。今年だけで8000億円以上もかけており、このままではいくらあっても足りない。いままではすぐに永住権を与えていたが、教育なども受けられるビザの発給も停止したという。高い理想はあるものの、想定よりも多すぎた難民に対して苦渋の決断をしたのだ。

ジャーナリストの竹田圭吾氏は、受け入れ後のサポート態勢のクオリティーを維持するなら、数を制限するのは「ひたすら受け入れ続けるより、よっぽど責任がある態度だと思う」と理解を示していた。
核廃棄物の最終処理場建設に住民の8割が「賛成」

またスウェーデンは世界中が頭を痛める核廃棄物の問題でも、世界に先駆けて最終処分場の建設を開始した。建設地となった地域の住民投票では、約8割の住民が建設に賛成したという。住民たちはこう語る。

「必ずどこかが受け入れなければならないから」
「問題を先送りしたところで、解決できない。孫たちのためにも、私たちが決めなければならなかったの」

番組の今回のタイトルは「北欧スウェーデン”理想の国”は本当か!?」だったので、冒頭のカミラさんの不満発言を受けて、スウェーデンの闇が垣間見えるのかと思いきや、あまり掘り下げなかったのが少し期待はずれだった。

もっとも、闇はないのかもしれない。「理想を持ちつつ現実問題に責任を持って対処するスウェーデン人は素晴らしい。先送り体質の日本人は見習うべき」という結論は事実だろう。人口1000万人足らずの国のやり方を日本がマネできるとも思わないが、やはり共感してしまうのだった。(ライター:okei)

あわせてよみたい:ユニクロ柳井氏が「難民支援」を言明
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP