ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10人の殺人犯の生の声を聞き、社会の闇に迫る迫真のルポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『殺人犯との対話』/小野一光/文藝春秋/1566円

 マインドコントロールを使い、自分の手を汚さず7人を殺させた北九州監禁連続殺人事件の犯人は、反省がなく無罪を主張。

 秋田児童連続殺人事件の犯人は、自分で娘を殺しながら、犯人を捜してほしいとマスコミに頼る不可解な行動をした。

 男と遊び歩き、2人の子供を餓死させた大阪2児虐待死事件の犯人の生い立ちに迫るなど、10人の殺人犯を取材。根っからの悪人から転落して犯罪に走った者までさまざまな人生を描いていて、凶悪な犯罪が身近に存在していることが実感できる。

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『罪と罰』等名作の犯罪者を実際に裁判にかけたら…の解説書
Amazonプロデューサーが勧める『殺人の告白』他、韓流2作品
日本のお尋ね者【7】「助平の始まり」と寅さんに呼ばれた男

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP