ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型プリウスは燃費よりも装備と色を重視せよと専門家が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、6年ぶりにフルモデルチェンジされたトヨタの4代目プリウスについて。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、4代目プリウス購入にあたり注目すべきポイントを解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。トヨタ・プリウスと言えば今や国民車。その4代目が12月9日から発売された。果たして新型プリウスは買いか? そして美女にウケるのか? 発売に先駆けてプロトタイプ車に試乗してきたので、それを元に考察してみたい。

 まずボディデザインだが、これは悪くない。特に後姿は、見た瞬間に強い未来感がある。トヨタの燃料電池車「MIRAI」の流れである。

 ボディサイズは、先代に比べて6cm長く(4540mm)、1.5cm幅が広く(1760mm)なり、背は2cm低く(1470mm)なっている。横からのシルエットは今までよりあきらかに長く平べったく見えて、速そうだし高級そうだ。

 そして顔。面を貼り合わせたような複雑な造形で、試乗会場では「なんじゃこりゃ」と拒絶反応を示す報道関係者のオッサンも少なくなかったが、先代と並べて見れば明らかに斬新で、先代が平凡に見える。違和感がある方も、おそらくすぐに慣れるだろう。

 燃費や走りはどうか。

 新型プリウスのウリは、リッター40kmという低燃費だ。ただ、カタログ燃費(JC08モード)でリッター40kmを達成したのは、最も安くて装備の簡素な特殊なグレードだけで、実用的なグレードはリッター37kmちょっと。しかも実際にはこんな数字は絶対に出ない。

 先代プリウスの実燃費はリッター20km前後(カタログ燃費リッター32.6km)だが、それがリッター22kmになるくらいだと思えば間違いないだろう。先代から乗り換えても、ガソリン代の違いはほんのわずかである。ここまで来ると、低燃費はあまりセールスポイントにならない。

 そこらへんはトヨタもよくわかっていて、今度のプリウスは走りの質感を高めることにも注力している。重心を低く、ボディをしっかりさせ、ドイツ車的な安心感やガッチリ感のある走りを目指しているのだ。

 また、今回初めて4WDモデルが登場したのは、雪国の諸兄にとって朗報だ。

 仮に初めてトヨタのハイブリッドカーを買うならば、きっと新型プリウスの未来的な走りに感動するだろう。が、すでにプリウスを乗り継いでいる方にとっては、あまり大きな違いを感じないかもしれない。

 ましてや助手席の美女にとっては、「走りの安定感が増した」とか「カーブを低重心で気持ちよく曲がる」なんてのはどうでもいいこと。なにせ猛烈に数が売れるクルマだけに、中身がどんなに優れていても、「どこにでもいるクルマでしょ?」という認識になってしまう。

 こうなると、せめてボディカラーで攻めるしかない。新型プリウスのイメージカラーのひとつは、鮮やかな黄緑色(サーモテクトライムグリーン)だ。これはいい色だし確実に目を引く。前回で述べた「エコカーはあえて強そうな黒やガンメタを選ぶべし」という美女ウケの法則(?)はこの際無視して、この色でアピールしたいものである。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
リッター40km実現の新型プリウス登場で「第二次HV戦争」へ
【TMS2015】レクサス高級シートで微笑む純白ワンピース美女
EVとハイブリッドを融合したヱヴァンゲリヲンの公用車公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。