ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いち早く生前墓購入した田村正和 父も死去10年前に購入済み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 死んだ後にどんな墓にどう入るべきか──。そんな悩みを抱えている人も多いだろうが、俳優の田村正和(72)は、いち早く「生前墓」を購入していたという。

「田村さんが墓を買ったのは1980年代のことで、神奈川県横浜市の郊外にある総合霊園の一画を購入しています。

 管理費を含めると1500万円くらいはする首都圏でも最高級クラスのもの。園内でも見晴らしのいい区画を買っていて、まだ誰も入っていないので石塔が建てられているだけですが、そこに朱色の文字で田村さんの名前が彫られています」(霊園関係者)

 中国では、生前に墓を建てることを「寿陵」と呼び、長寿を授かる縁起のいい行ないとされてきた。日本でも一時期、密かなブームとなったことがあり、田村もその頃に知人の勧めで購入したという。

 一方、田村の父である名優・阪東妻三郎は京都・嵯峨野にある寺院の墓地に眠っている。今でも往時の姿を知るファンが手を合わせに訪れる“観光名所”として知られているが、阪東もまた、死去の10年ほど前に、その墓を購入していたのだという。田村の所属事務所マネージャーはこういう。

「阪東妻三郎がなぜ生前にお墓を建てたのかはわかりませんが、その墓には長男(俳優・田村高廣、2006年没)しか入れません。田村は三男ですから、早めに自分のものを購入したのではないでしょうか。今でも(横浜の)お墓の様子を見に行ってはいるようです」

 生前に墓を購入したのは名優の誉れ高い父に倣ってのことなのか。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田村正和 「二枚目は、本当は楽しくない。疲れる」ともらす
川島なお美、奥田瑛二、与謝野馨氏らに広がる「死後の仲間」
仲良し夫婦の幸運エピソード 宝くじ1億円、2億円当選の例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。