ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プレミア12でカメラマン席にいた中居正広を相手チームが注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シーズン終了後に行われた野球の国際大会「WBSCプレミア12」の第1回大会が2015年11月8日から台湾と日本で開催された。プロ野球選抜チーム「侍ジャパン」が招集され優勝の期待が高かったが、3位に終わった。大会期間中、もうひとつの開催地である台湾でも侍ジャパンの人気が高い様子が報じられていたが、現実はどうだったのか。表も裏も知り尽くす記者たちが、「書けなかった」ネタを明かした。

スポーツ紙遊軍記者A:いや、今大会の侍ジャパンはアピールより恥を晒しただけでしょう。マナーが酷かった。まずは巨人の坂本勇人。台北の繁華街でマエケン(広島・前田健太)、大野雄大(中日)、秋山翔吾(西武)の同期らと深夜まで大騒ぎした様子が現地の週刊誌にスクープされた。しかも坂本は路上で酒をまき散らすわ、タバコをポイ捨てするわという様子が報じられた。

スポーツジャーナリストB:タバコについては侍ジャパンは本当に酷かった。台湾の球場のロッカーが禁煙だからと、その入り口付近に灰皿を置いて、坂本、筒香嘉智(横浜)、炭谷銀仁朗(西武)、中田翔(日本ハム)らがスパスパ。通路は煙で真っ白になっていた。

スポーツ紙セ・リーグ担当記者C:風紀が乱れていましたよね。小久保裕紀監督の「外食禁止令」が無視された事件も起きたし。

スポーツ紙パ・リーグ担当記者D:今大会、小久保監督は選手の食事をかなり気にしていた。実は2年前の台湾遠征の時、嶋基宏(楽天)をはじめとしたメンバーには現地の食事が口に合わず、苦労したからです。そこで監督は今回、球場から距離はあるが宿舎を日系のホテルにして、日本食のシェフまで準備。体調を整えるため、下手に外食するなと呼びかけたんですよね。

C:にもかかわらず、川端慎吾(ヤクルト)ら数人の選手が街の焼き肉店に出かけた(笑い)。川端が打撃好調だったのにほとんど起用されなかったのは、小久保監督の逆鱗に触れたからではないかといわれています。

B:ただ選手ばかりではなく我々日本のメディアも台湾でクレームを食らった。TBSのレポーターとして来ていたSMAPの中居(正広)君。いつもカメラマン席にいたが、メキシコなどの相手チームからするとSMAPなんて知らないから、「日本だけ変なのがウロついている。おかしい」となり、注意を受けたと聞いています。

A:中居君は芸能人の威力で、ロッカールームにちょっとだけ入って選手を外に呼び出してくる、なんて荒ワザも使ってましたからね。毎試合しっかりノートを取って、すごく真剣に取材していましたが、ちょっと熱心すぎたかな(笑い)。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神マートン「日本で成功するには日本を好きになれ」と説く
侍ジャパン 出場手当は選手200万円、監督・コーチ150万円か
中日のデイリースポーツへの抗議 親会社による無言の圧力説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。