体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リスクコントロール」「本質追求」「俯瞰的視点」 3つのテーマを軸に、不確実性の高い金融を確かなサービスに変えていく

デジタル・IT

不確実性の塊である金融に対しチャレンジするための「3つのテーマ」

私が学生時代からスタートしたキャリアで、常にライフワークとしている「金融とIT」には、挑戦すべき大きな課題が存在しています。

その最たるものは、金融ならではの「不確実性」。

例えば株やFX等の投資を行えば、その時のタイミングややり方次第で儲かるかもしれないし、損をするかもしれない。

だからといってすべての金融資産を現金で所有しておくのも、インフレリスクを取ってしまうことにもつながる。

このように金融とは、様々な不確実性が内在することで多くの方にとって、悩みも多いもの。

だからこそ、私が3年前にジョインしたマネーフォワードでも、お金に関する悩みや不安を解消できるサービスを目指しているのです。

そこで私がこれまで経験してきた中で、サービス成功に導くために重要な「3つのテーマ」を導き出しました。それが「リスクをコントロールする」「本質を追求する」「俯瞰的な視点を持つ」というものです。

株式会社マネーフォワード 取締役CTO 浅野千尋氏

2006年、早稲田大学在学中にトレード・サイエンス創業メンバーとして参画したことからキャリアをスタート。金融とITに興味があったことから、金融マーケットの不確実性をITによって明確にしていくチャレンジを続けている。金融システムの開発やITコンサルティング等を経験しながら2012年、現職に就任。

リスクをコントロールしてどれだけ確実性を高められるか?

金融もそうですが、世の中、あらゆることに対してチャレンジすることは、相応のリスクが必ず伴います。起業することもそうですし、一つ新たなサービスや機能を企画・リリースすることもそう。

その際、大事なのは、どれだけそのリスクを最小限に抑えつつ、自分の中で確かな自信や手ごたえを持って本番に臨めるかという準備。

どんなに努力しても、リスクをゼロにすることは困難ですし、仮にゼロにできても、それは挑戦したことにはなりません。

マネーフォワードにおいても立ち上げ当初、不確実性の高い金融をテーマにしたITサービスを実現していく上で、多種多様なリスクが内在していました。

その点、当時アメリカで急成長中だった個人向け資産管理サービス「Mint.com」の流行を受けて、日本でも同様のサービスが必ず必要とされていると確信したこと。

さらにサービスの基盤となるコア技術「アカウント・アグリゲーション」において、これまで私が培った技術ノウハウをフル活用することで、他では真似できない技術にまで昇華できたことに対する確かな自信を得られたこと。

それによって可能な限りリスクを低減した上で、サービスをリリース。結果として現在、2,500以上の金融関連サービスと連携した自動家計簿・資産管理サービスを実現し、日を追うごとにユーザー数が増えています。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会