体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんなが結果に向かう情報共有について考えてみた【情報会議 #3】

はじめに

tbpgr(てぃーびー)です。

Qiita:Team, esa, DocBase, Confluence,
Wiki, Excel, 口伝, 脳内。

皆さんの現場の情報はどのような形式で共有されているでしょうか?
Qiita:Teamを皮切りに esa, DocBase と国内の情報共有ツールの導入は
一気に加速したかのようにも見えます。

アウトプットを積極的に行う企業が開発環境を公開する場合、
上記のような情報共有ツールを含んでいることも多いです。

2015/11/26(木)に開催された第3回 情報会議に参加させていただきました。

情報共有の情報共有、というメタで風変わりなこのイベントの雰囲気や知見を共有させていただきます。
情報共有は、それぞれの現場によって課題・有効な手段などは様々だと思います。

この記事で出てくる内容を元に、

「うちもこの方法やってうまくいった!」
「うちはこの方法ではだめなので、こうやって対応した」
「うちはこんなことをやっているけど、誰もやってないみたいだ」

などの情報が広がるといいな、と思います。

さて、この記事では

LT1: @so1_ さん / 価値観と感情を共有しよう
LT2: @masskaneko さん / 情報共有の私見の共有
グループワーク
主催者の声(@htomine さん、 @so1_ さん)

をまとめます。

LT1: @so1_ さん / 価値観と感情を共有しよう

情報会議のオーガナイザーの @so1_ さんのLT。
LTの内容を抜粋して説明します。

世界は大きく変化している

情報伝達の歴史を辿ると、現在がいかに変化が激しい時代かがよく分かります。
インターネットを通じた世界は情報が溢れ、情報を確認・取得する手段とコストはどんどん下がっています。

思いが伝わり、物事がよくなる

ここで私が情報会議のQiita:Teamで提案した事例がスライドに登場しました。

情報会議では専用のQiita:Teamが用意されイベント当日以外にも、継続的に情報共有に関する知見の交換、提案、事例などのやり取りがなされています。

その中で、第二回開催直前にQiita:Teamの各投稿+コメントのやりとりなどを見ていた私は

「情報共有のパターンカタログを作るといいのでは?」

ということを思い浮かべました。

情報会議のQiita:Teamでは最近システム開発界隈で「ポエム」と呼ばれる、思い・考えを表明する記事の作成のために「poem」タグが用意されていたので、遠慮なく自分の考えを投稿することができました。

すると、多数のいいねとともにコメント欄でアイデアが広がりはじめ、即実施が決定しました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。