体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初詣は一度は訪れたい「お伊勢さん」へ。三重に行くなら定番の神社・パワースポット

伊勢神宮

2016年主要国首脳会議の開催地に選ばれて注目を集めている三重県。一度は訪れたい「お伊勢さん」、パワースポットを巡り、絶景も満喫しましょう♪ パワーをチャージして運気もアップも叶えられる、オススメスポットを5つご紹介します。

1.伊勢神宮(外宮)

お伊勢参りは外宮からスタート。

伊勢神宮正宮参拝後は、敷地内にある3つの別宮も参拝しよう ©伊勢志摩観光コンベンション機構

食物の神で産業の守護神といわれる「豊受大御神」が祀られているいます。神域に入れば厳かで清浄な空気に包まれるのを実感。参拝後は勾玉池付近にある「せんぐう館」にも立ち寄ろう。伊勢神宮の知識がより深まります。 伊勢神宮(外宮)

TEL/0596-24-1111(神宮司庁)

住所/伊勢市豊川町279

参拝時間/5時~17時※1月~4月、9月は18時まで、5月~8月は19時まで。12月31日~1月4日は終日参拝可能

休み/なし

アクセス/伊勢道伊勢西ICより5分

駐車場/434台

「伊勢神宮(外宮)」の詳細はこちら

2.伊勢神宮(内宮)

おすすめは早朝参拝。日頃の感謝を伝えて。

伊勢神宮木に覆われた石段を登り、総氏神様「天照大御神」にご挨拶 ©伊勢志摩観光コンベンション機構

日本人の総氏神様「天照大御神」をお祀りする伊勢神宮(内宮)は、正宮のほか、荒祭宮・風日祈宮・瀧祭神なども点在しています。12月頃は宇治橋前の大鳥居の後ろから朝日が昇り、神秘的な風景が拝めます。せっかくなら早起きして訪れて、日頃の感謝を伝えましょう。 伊勢神宮(内宮)

TEL/0596-24-1111(神宮司庁)

住所/伊勢市宇治館町1

参拝時間/5時~17時※1月~4月、9月は18時まで、5月~8月は19時まで。12月31日~1月4日は終日参拝可能

休み/なし

アクセス/伊勢道伊勢西ICより5分

駐車場/261台

「伊勢神宮(内宮)」の詳細はこちら

3.神明神社

女性の強〜い味方。超強力パワースポット、神明神社。

神明神社恋愛成就したなど、ご利益がクチコミで広がり女性の参拝客が後を絶たない

海女さんのまち・相差にあり、地元では「石神さん」と呼ばれて親しまれている神明神社。「女性の願いならひとつは叶えてくれる」と伝えられており、境内はいつも全国各地から訪れる女性でいっぱいです。何が書いてあるのかドキドキの、石神さんの恋みくじ(100円)もあります。

神明神社 石神さんの恋みくじ(100円)。何が書いてあるのかドキドキ

神明神社

TEL/0599-33-7453(相差海女文化資料館)

住所/鳥羽市相差町1237

参拝時間/参拝自由 ※お守り授与は8時30分~16時30分

アクセス/伊勢道伊勢ICより45分

駐車場/12台 ※相差海女文化資料館の駐車場を利用

「神明神社」の詳細はこちら

4.赤目四十八滝

三重に来たなら自然にも触れよう。滝ミストが気持ちイイ!五感で自然を満喫。

赤目四十八滝高さ15mある左右に落ちる姿が千手観音の手の形に似ていることから「千手滝」と呼ばれる。赤目五瀑のうちのひとつ
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。