ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Samsung、地上波DMB対応の韓国向けGalaxy Tab 10.1を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungは7月20日、地元韓国で『Galaxy Tab 10.1』の発売イベントを開催しました。来週よりSKテレコムとKTを通じて発売されるそうです。この日発表された『Galaxy Tab 10.1』は既に米国やインドネシアで発売されたWi-Fiモデルとは異なり、下り最大21MbpsのHSPA+に対応した3Gモデル。OSはAndroid 3.1(Honeycomb)でSamsung TouchWiz UIを搭載して販売されます。

韓国版には日本のワンセグに相当する地上波DMBに対応していることが大きな特徴とされています(もし国内で発売されるとすれば、『SC-02C』と同じくワンセグに対応しているかもしれませんね)。10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)、『NVIDIA Tegra 2』 1.0GHz、1GBのRAM、16/32GBの内蔵ストレージ、背面に300万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラ、30pinコネクタやステレオスピーカーなどを側面に搭載。Wi-Fi b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth 3.0。バッテリー容量は7000mAhで9時間の連続使用が可能という。本体の厚さは8.6mm、本体質量はWi-Fiモデルより10g重い575g。

更新1:地上波DMBに対応したWi-Fiだけモデルも発表の中に含まれていました。Wi-Fiだけモデルは570g。
Source : Samsung Tomorrow
Source : Hankyung[リンク]


(juggly.cn)記事関連リンク
アイ・オー・データ、テレビのリモコンにもなるスタンド付きAndroidタブレット「alimo」を発表、8月上旬発売
KDDI、3G/WiMAX網でスマートフォンに付与するIPアドレスをグローバルアドレスからプライベートアドレスに変更、8月より実施
ソフトバンク、女性に向けたAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH J」を7月22日に発売

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。