ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユネスコ世界遺産と連携した2016年対応のカレンダーアプリ「世界遺産カレンダー」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックがユネスコ世界遺産センターと共同で世界遺産と連動した 2016 年対応のカレンダーアプリ「世界遺産カレンダー」をリリースしました。Android アプリはタブレット専用となっており、日本語、英語、中国語、フランス語、スペイン語に対応しています。アプリの内容は、世界遺産の写真を鑑賞できるカレンダーというものです。最近登録された群馬県の「富岡製糸場」が 3 月の写真として表示されたり、8 月にはリオ五輪・パラリンピックの写真なども表示されます。カレンダー上の写真は左右へのスワイプ操作で切り替えられるほか、右下の本型アイコンで写真の説明を表示することができます。「正解遺産カレンダー」(Google Play)

■関連記事
LINEの着せかえショップで「どうぶつの森」のテーマがリリース
ノベルティ用に、オリジナルデザインの「スマホリング」を作成できる新サービスが開始
NifMo、Acer Liquid Z530を発売、先着300名にはハイレゾ対応イヤホンをプレゼント

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP