ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

声優・飯田里穂、「KISS! KISS! KISS!」MV公開&来春ツアーを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニメ『ラブライブ!』の星空凛役、またμ’s(ミューズ)のメンバーとして、年末の第66回NHK紅白歌合戦への初出場も決定している“りっぴー”こと飯田里穂が、2016年1月13日に発売するメジャーファーストシングル「KISS! KISS! KISS!」のミュージックビデオが公開となった。

表題曲「KISS! KISS! KISS!」は、”ヒャダイン”としての活動でも知られる、前山田健一の書き下ろし楽曲。ラブライブ!の楽曲からは意外ともいえるダンサブルなデジタル・ファンクに仕上がっている。

ヴィジュアル面でも『3人の“りっぴー”による多重人格近未来』をコンセプトに、キュートかつ攻撃的なミュージックビデオ、アートワークに仕上がっている。

また、前作では台湾最大のECサイト『博客来』(ボークーライ)の予約チャートでデイリーランキング1位を獲得、ライブやイベントにも中華圏からの来場者が殺到する等を受け、今作の通常盤のカップリングには、「KISS! KISS! KISS!」の中国語Version、「親!親!親!」も収録され、こちらのミュージックビデオも同時に公開となった。

そして、ライブツアー“飯田里穂 tour of KISS³”も決定した。4月9日に名古屋ボトムライン、4月10日に大阪BIGCAT、4月16日に赤坂BLITZの計3都市にて開催される。また2月24日には、先日11月15日に新宿RaNYでのファーストライブの模様を収めた、Blu-ray&DVD「R5 (rippi-rippi-rippi-rough-ready)」の発売も予定している。

飯田里穂 コメント
女の子のキュンとくる恋心をポップに歌ってます。とてもキャッチーだし、ライブの時にはサビのところをみんなと歌えたらいいな!アルバムとはまた少しテイストが違う曲調に、今後のアーティスト飯田里穂としての可能性を感じてもらえればうれしいです。中国語Versionの「親!親!親!」はとても歌うのが難しかったんですが、イベントにも沢山来て頂いた台湾や中国の方へのお返しになればと思って頑張りました!

「KISS! KISS! KISS!」ミュージックビデオ

「親!親!親!」 *KISS! KISS! KISS! (中国語Version)

リリース情報
シングル「KISS! KISS! KISS!」
2016年1月13日発売

初回限定盤A(CD+Blu-ray)TKCA-74308 1,852円+税

初回限定盤B(CD+DVD)TKCA-74309 1,389円+税

通常盤(CD)TKCA-74313 1,111円+税
※4月ツアー先行抽選申込券封入

Blu-ray&DVD「R5 (rippi-rippi-rippi-rough-ready)」
2016年2月24日発売
Blu-ray初回限定盤(Blu-ray 2枚組)TKXA-1093 5,833円(税抜)
DISC1:ファーストソロライブ(2015.11/15 新宿ReNY公演)&オフショット映像
DISC2:本編未収録 特典映像

Blu-ray 通常盤(Blu-ray 1枚)TKXA-1094 5,093円(税抜)
DISC1:ファーストソロライブ(2015.11/15 新宿ReNY公演)&オフショット映像

DVD通常盤(DVD1枚)TKBA-1234 4,167円(税抜)
DISC1:ファーストソロライブ(2015.11/15 新宿ReNY公演)&オフショット映像

イベント情報
「KISS! KISS! KISS!」予約イベント
12月16日(水) 19:00 東京 アニメイト池袋本店
12月17日(木) 19:00 東京 アニメイト新宿店
1月11日(月) 14:00 愛知 アニメイト名古屋店
1月11日(月) 16:00 愛知 ゲーマーズ名古屋店

ライブ情報
「飯田里穂 tour of KISS³」
4月9日(土) 愛知県 名古屋ボトムライン
(問)サンデーフォークプロモーション052-320-9100
4月10日(日) 大阪府 大阪BIGCAT
(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
4月16日(土) 東京都 赤坂BLITZ
(問)KMミュージック045-201-9999

関連リンク

飯田里穂 オフィシャルサイト(徳間ジャパン)http://www.tkma.co.jp/jpop_top/iida-riho.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP