体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーディネートに悩む女性の救世主!カンタン“付け襟”でおしゃれ偏差値をレベルアップ

121de974a4865e7c4a7124a940fc4107_original

クローゼットはパンパンなのになぜか着る服がない、忙しい毎日でコーディネートを考えるヒマなんてない。

そんなことを思っている女性、案外多いのではないだろうか?

そこでおすすめなのが、こちらの「Le Cou」というブランドから登場したリトルシャツ、もっとわかりやすく言うならば“付け襟”だ。

shirt_2

「Le Cou」はポートランドとNYをベースに活動する、Jessica Wingate さんとElizabeth Azen Andiaさんが編み出したブランド。

なんでもJessicaさんが娘を出産後、ボタンダウンのシャツが自分の体型にフィットしなくなったことを嘆いたところ、「それならば、取り外し可能なシャツを作るべきよ」と言う母親の一言が誕生のきっかけだったそう。

そしてできあがった“付け襟”はもちろん取り外し可能であり、見た目にも美しく、それでいて実用的。

セーターやドレスの下からちらりとのぞかせ、簡単にレイヤードができるお手軽アイテムとして注目を集めている。

現在Kickstarterでクラウドファウンディングを実施中(期間は12月19日まで)で、特にイチオシが黒とクリーム色のギンガムチェックがポイントの“オリンピア”と名づけられたシャツ。

shirt_3

この“付け襟=リトルシャツ”には特徴が3つある。

1.簡単におしゃれレベルがアップ!

shirt_4

下の写真のように、セーター1枚でも問題はないが、“付け襟”を付けると格段におしゃれ度がアップするのは見てのとおり。

しかも、ぱっと見は本当のシャツを着ているように見える。

また、小さめサイズのセーターに重ね着しても型くずれしないのが、従来の伝統的なシャツとは違う点だ。

この“付け襟”は上質なナチュラルコットンとシルク素材でできており、襟元には美しいテイラード技術が施されている。

shirt_5

エクスクルーシブラインとしてこんなボウタイタイプもあり、こちらはKickstarterのみで入手可能。

shirt_6

2.体型を気にしなくていい!

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。