ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』波瑠 タフになった成長ぶりにスタッフ舌巻く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月4日に視聴率27.4%を記録するなど、NHK朝の連続ドラマ小説『あさが来た』の勢いは止まらず、国民的ドラマに化けそうな勢いである。後半に向けた新キャスト発表のなかでも注目された武田鉄也は、福沢諭吉を演じる。

 散歩中の福沢諭吉とあさ(波瑠)の重要な出会いのシーンのロケ地として選ばれたのが和歌山マリーナシティというリゾートアイランド。このなかにある「ポルトヨーロッパ」という伝統的なヨーロッパの町並みをイメージしたテーマパークが、明治期の東京に見立てられた。10月に行なわれたロケを目撃した従業員たちは、昨日のことのように興奮気味に語る。
 
「あさ役の波瑠さんはピンクっぽい着物姿で、むっちゃかわいかった。あの子はこのドラマが終わる頃にはたいした女優さんになってるんやないか」(40代男性)
 
「波瑠さんはホントに綺麗で、小走りに走る姿が印象的でした。その横にはずっと友近さんがいましたが、こちらはいつもの地味目な着物姿でした。五代さん役の方(ディーンフジオカ)もいましたが、いつものスーツ姿でした」(20代女性)
 
 ただし数人に聞いても、武田鉄矢の目撃談が出てこない。従業員の間では、「来る予定が来なかったらしい」との噂が立っていた。
 
 ロケに対応した和歌山マリーナシティの企画宣伝課職員はこういう。
 
「武田さんも着物姿でいらっしゃってましたが、いくつかのシーンを撮るとすぐに帰ってしまいましたので。
 
 波瑠さん、友近さん、ディーンさんのお三方は朝6時から日が暮れた夜までずっと撮影していました。実は撮影に入る直前に波瑠さんが体調を崩して声が出なくなったとNHKの方から伺っており、当日も顔色が優れず、声も私には聞き取れなかったほどでした。
 
 それでも過酷なロケをこなした上で、うちには園内で動物を散歩させるサービスがあるのですが、たまたま通りかかったアルパカと一緒に写真まで撮られていました」

 体調が悪いなかでも、周りへの気遣いや明るい振る舞いを忘れない。劇中のあさを彷彿させるたたずまいである。波瑠の成長ぶりについては制作関係者も舌を巻く。
 
「撮影のスタート当初は、義父・正吉役の近藤正臣さんが中心になって現場を引っ張り、『今日はもうちょっと頑張ろうや』とか『ここは勝負所やで』とか盛り上げてくれていました。それが、視聴者もお気づきのとおり、そろそろ正吉の死が迫っていて、現場も世代交代している。
 
 そんななかで波瑠さんは、これからは自分がみんなをまとめていくんだという自覚が強く、『これまでは“お父ちゃん”と呼んでいればよかったが、これからはみんなのお母さんにならなければならない』と意識されているようです。ぶっ続けで2週間続いた炭鉱シーンの撮影で、炭鉱夫に揉まれて啖呵を切って“女将さん”の風格を身につけたことで、本当に波瑠さんが変わったな、タフになったなという印象をスタッフにも与えていると思います」
 
 さらに興味深いのは、姉・はつ役の宮崎あおいと波瑠の関係が、まさに劇中の姉妹のようなことだ。
 
「宮崎さんの趣味は刺繍で、撮影の合間にも刺繍をしています。波瑠さんにも刺繍したハンカチをプレゼントして、その緻密さに驚き感動した波瑠さんは『自分にも教えて欲しい』と、宮崎さんに刺繍を教えてもらうことを申し出て、休憩中には仲良く刺繍に没頭しています」(NHK関係者)

 もはや「国民的姉妹」である。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮崎あおい 朝ドラ新ヒロイン・波瑠にお手製のハンカチ贈る
朝ドラ現場で宮崎あおいと寺島しのぶが「女優魂ぶつけ合い」
朝ドラ好演の近藤正臣 長寿国信仰に提言「延命治療は嫌」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP