ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『仮カレ』主演 30才の相武紗季「電撃婚もアリだと思う」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送中の『仮カレ』(NHK BSプレミアム・毎週火曜)で、仕事に燃えるアラサー女子・杏を演じる相武紗季。“仮カレ”とは結婚相手としてはナシだけど、とりあえずつきあっている、仮のカレシのこと。

「仮カレはややこしそうだし、器用じゃないので私はないかな。でも大人になって、恋愛と結婚で男性の選び方が違ってくるのはわかります。私は結婚できる人じゃないと好きにならないですね」

 結婚は意識するが、適齢期にしてはのんびりしていると笑う。

「周囲には3~4か月で結婚を決める例もあれば、10年つきあう例もある。それぞれに幸せな姿をみると正解がわからず、『結婚には何が大事なの!?』って、人生のテーマみたいになっています(笑い)。私は仕事柄、役によっては1か月でも気持ちの波や考え方が変わるし、人との出会いでも大きく変わる。直感を信じて、自分のタイミングで“決断”したいですね」

 なんだか電撃婚もありそう。

「私はアリだと思います。なんなら、占い師さんに『今日会った人よ』と言われたら『そうか、今日か!』ってなるかも(笑い)」

 劇中では今後、仕事にも恋愛にもさらなる波乱が。

「杏が恋に翻弄されて、私には欠けている“女の子っぽさ”もたくさん出てくる。私自身、作品を通じて恋する女心を勉強しました」

撮影■藤本和典

※女性セブン2015年11月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『同窓生』で連ドラ初主演の井浦新 「恋愛に不器用だった」
サイバー藤田社長 一般人と再婚し業界内で株上けたとの指摘
親世代は必読 現在の若者の恋愛観を調査や資料で読み解く書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。