ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外アーティストも愛用の最新WIG“レースフロントウイッグ”とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外アーティストも愛用しているウィッグが今話題!

海外アーティストのプロモーションビデオを見て、こんなことを思った方はいらっしゃいますか?
「さっきまで、自然な地毛のボブスタイルだったのが、次のシーンでは、ロングのWAVEスタイルに! それがまたショートの赤毛になり、エクステにしては自然すぎてありえないし、地毛ではこんなに何回もカラーチェンジとパーマは不可能。WIGにしては、ちゃんと根元から地毛が生えているからそれも違うだろう…」
実はこの謎には秘密があったのです!
その秘密とは、海外のブラックスタイルでは5年ほど前から一般的にもう定着している“Rece Front Wig(レースフロントウイッグ)”にあります。

 

地毛に見えてお手軽!WIGの上手なかぶり方

このWIGには、今までのWIGには考えられなかった特徴があります。
それは「生え際があること」。
写真のように、生え際部分があらかじめ肌色のメッシュ素材になっており、これを専用の両面テープで生え際に貼り付けます。そして、余った部分をカット。
そうすると、いかにも地毛が生えているように超自然な仕上がりになるのです! さらにセレブのWIGはオーダーメイドで分け目や人工頭皮がついているものもあり、まさに地毛そのものの仕上がりです!
ちなみに、一般的にはこのWIGを10日程度そのままつけっぱなしにする場合もあります。
これだと、その間頭が洗えないので、日本人には少し厳しいですよね?
でも、日本人でももっと簡単にレースフロントWIGを使える方法があります。
【簡単!自然なWIGの使い方】
①今までのWIGと同じように、地毛をまとめてWIGネットをかぶります。
この時、WIGネットは生え際から1センチ後ろ部分までずらします。
②生え際から3ミリ程度の部分のメッシュをはさみでカットし、その上にかぶります。
WIGの生え際を、実際の生え際よりも1ミリ程度前にかぶります。
※まずは、少し前めにかぶって、少しずつずらしながら自然な位置でストップすると良いですよ!
③最後に、いつものファンデーションで境目をなじませます。
これで、自然なWIGの出来上がり~~~!

 

ウィッグ使いでヘアスタイルも日替わりでチェンジ♪

今は、ファッションに合わせて、ヘアスタイルも日替わりで楽しむ時代!
いろんなWIGを試してみて、お気に入りのヘアスタイルをたくさん見つけましょう!トータルコーディネートができますよ。
ぜひ、新しい自分を発見してみては?

MIKA JAMBO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP