ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勘違いしている人が多いけれどパリのルーヴル美術館の「モナリザ」は撮影可能です

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「モナリザは撮影禁止だよ」と勘違いしている人が多いのですが、カメラや須磨穂で撮影しても怒られることはありません。ルーヴル美術館は公式に撮影を許しています。

・フラッシュによって絵が劣化?
かつてモナリザは撮影禁止だったのですが、その後、撮影が許されるようになりました。撮影が禁止されていた理由のひとつに、カメラのフラッシュによって絵が劣化するという問題がありましたが、それを解決することができたのです。

・抗議しないようにしましょう
よって、スマホでも、一眼カメラでも、ビデオカメラでも、モナリザを堂々と撮影することができます。ですから、たとえモナリザの写真をTwitterやFacebookに掲載している人がいたとしても、抗議しないようにしましょう。けっこう怒ったり注意をしている人がいるみたいなのです。

・実際に自分の目で確かめてみて!!
ちなみに、モナリザを実際に見て多くの人たちが思う印象が「意外にも小さいな」ということ。そうです。テレビや雑誌などで見ると大きく思いがちですが、実はかなり小さいのです。その小ささ、実際に自分の目で確かめに行ってみてはいかが?

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/12/15/la-joconde/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP