ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015冬こそ気になる!赤を使った“レッドネイル”の取り入れ術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリスマスやお正月にもぴったり♪オシャレ度UPのレッドネイル

これからやってくるX’masやお正月に向けて、サロンでオーダーが増えるカラーはやはり「赤」。
ネイルのデザインに季節感を取り入れるのは、お洒落女子ならマストでしょう!
春は桜のイメージでピンク、初夏は若葉のイメージで淡いグリーン、夏はトロピカルにネオン、秋は紅葉からオレンジやモスグリーン、そして冬は雪のイメージでホワイトか、そうでなければめでたく「赤」にたどり着くわけです。
この時期にやらずにいつ赤をやるんだーー! という気持ちを代弁して、いろんなバリエーションの“レッドネイル”をご紹介。
赤は色味が強いので、なかなか取り入れるのが難しいと感じている方も多いはず。
そんなあなたのお悩みを解消しちゃいましょう♪
まずはワンカラーで塗ったレッドネイルに、クリスタルのストーンをふんだんに乗せたパーティ仕様ネイル。
ドレッシーな洋服にもピッタリです。ストーンの置き方に変化を付けてあげると途端にお洒落度UPです。

 

組み合わせ次第で上品さやカジュアルさが出るデザイン

左の写真は、オフホワイトのお花レース柄と合わせて、上品に仕上げたレッドネイル。
レース柄で柔らかさプラスすることで、赤の強さを少々和らげています。
これならレッドネイル初心者も取り入れやすいはず!
右の写真は、茶系とゴールドとMIXすることで、カジュアルダウンにまとめたデザイン。
ふわっとしたヒョウ柄とスタッズが、デニムなんかにも合わせやすい雰囲気にまとめてくれています。
普段使いしやすいレッドネイルですね。

 

上級者向けにはこちら!ハードな印象になるレッドネイルデザイン

ここからは少し上級者向けレッドネイル。
左の写真は、シルバーのアクセサリーとリンクさせて、ネイルにも指輪をはめたかのようなデザイン。赤にシルバーを組み合わせると、ハードめな印象が強まります。レザージャケットを着こなすような、辛めなお洒落さんにはぴったりです。
右の写真は、黒とのツートンの境目にシルバーのスタッズを置いて、ルブタンを彷彿させるようなエッジの効いたデザイン。
かなりハードなイメージですが、デザインとしてはシンプルな作りなので、ファッショニスタには取り入れやすいのでは?
同じ赤でも、組み合わせる色やパーツでガラッと印象を変えられるから面白いですね♪
今だからこそ取り入れやすい“レッドネイル”、自分に合ったデザインを見つけて楽しんでみては?

小杉美里(JamboNails)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP