ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「電力消費量を10%削減し、10年以内に脱原発を」 共産・志位委員長が外国特派員にアピール

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本共産党の志位和夫委員長

 日本共産党の志位和夫委員長は2011年7月20日、日本外国特派員協会主催の記者会見で、原子力発電「ゼロ」を目指すとともに自然エネルギーの導入を促進すべきと主張。脱却までの期間について「(共産党は)5年から10年以内に原発ゼロを目指すというスケジュールを考えている」と述べた。

 一週間前の7月13日、菅直人首相は記者会見を開き、「原発に依存しない社会目指す」と脱・原発依存を表明した。しかし15日の国会ではこの発言について「個人的な見解」と説明している。志位氏は菅首相のこうした対応に「無責任な発言」「まともに相手はできない」と話す。志位氏が委員長を務める日本共産党は、一貫して原子力発電について反対してきた政党だという。

 会見でドイツ人特派員から「原発脱却までの期間」に関する質問がなされると、志位氏は

「(共産党は)だいたい5年から10年以内に原発ゼロを目指すというスケジュールを考えている。原発からの撤退は早ければ早いほどいい」

と返答。さらに、「もちろんエネルギーの需給のことは考えなければならない」とし、「むやみに火力(発電)に置き換えるということも、抑制しなければならない」と語った。

 また志位氏は、脱・原発による発電量減少をカバーするために「5年から10年の間に電力消費量を全体として10%削減する」「現在の総発電量の9%程度が自然エネルギーだが、2.5倍にする」と数字を掲げ、自然エネルギーの導入に正面から挑む共産党の姿勢を強調していた。

 なお、この外国特派員協会主催の記者会見は、ニコニコ生放送で中継された。今後も注目すべき会見があれば、生中継が行われる予定。

(山下真史)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] ドイツ人特派員の質問部分から視聴-会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57098632?po=news&ref=news#48:24

【関連記事】
「カバンの脇にICレコーダーを入れていた」 石川知裕議員、検察取調べの「録音方法」を説明
鳩山邦夫元法相「友人の友人はアルカイダ」発言の真意を語る
共産・吉井議員「政府は東電の『工程表』をオウム返ししただけ」
「sengoku38」こと一色正春氏記者会見(1)「海外メディアのほうが成功しやすいと思った」
「sengoku38」が外国人記者向けに会見 「尖閣諸島の出来事を全世界に報道してほしい」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。