ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「おい!きてくれ次男デコかち割れた」 旦那からの電話、公園で何が起こった? とても大変だった1歳児の処置…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope02:20151214081144j:plain

あれは次男が2歳になる直前の頃、四月で気候もよかったので 旦那さんが近くの広場に兄弟二人を遊びに連れて行ってくれました。

ちょうど長男は4歳で自転車の練習をはじめたばかりでした。

次男は三輪車に乗ってお兄ちゃんの後を一生懸命ついていっていました。

私は家で家事を片付けていました。

しばらくすると私の携帯が鳴り、旦那からでした。

「どうしたの?」

「おい!きてくれK介(次男)デコかち割れた」

電話の後ろで次男の泣き叫ぶ声が聞こえている 。

「何?どうしたんよ、なんでかち割れるの?」

「いいから来てくれ!!」

ただならぬ様子で動転している旦那の声 。

私はすぐに広場へかけつけました。

広場の隅っこで次男を抱きかかえながら座っている旦那。

それを気にしてるのか気にしてないのか広場を自転車でぐるぐる回っている長男 。

旦那に抱きかかえられている次男はおでこから血がたくさん流れ出していました。

「どうしたんよ、何があったん?自転車乗せたんか?」

「違う、なんもしてない。てくてくって俺の方近寄ってきてこけてそこのレンガの角にデコぶつけたんや」

「とにかく早く病院つれていかな」

私はすぐに救急に電話をしました。

救急車は五分ほどですぐに来てくれましたが、日曜日だったので1歳児を受け入れてくれる病院がなかなかみつかりませんでした。

救急隊員の方が何件か問い合わせてくれてやっと近くの総合病院に搬送してもらえることになりました。

けれどそこの総合病院は、小児科の先生も外科の先生も不在なので、今いる救急担当の先生の処置になるけど 構わないかとのことでした。

小児科の先生の居る病院を探して回る時間はないと思いそこにお願いしましたが、救急車が到着して救急処置室に運ばれて、来てくれた先生はなんと見たことのある耳鼻科の先生!!

うそやーん!なんであんたなん?

この先生、前に子供を一度みてもらったことがあり、やたらと横柄で機嫌が悪い先生だったと記憶していました。

私はとても心配になりました。

でも、みんなどの科の先生でも一通りの分野を勉強してるっていうし 今はこの先生だけを信じようと思いました。

次男の外傷はおでこだけのようで、とりあえず麻酔をして傷口に入った小さな石を取り出し縫合するとのことでした。

しかしこの麻酔が傷口付近に打たねばならず、痛みで泣き叫んで暴れる我が子を抑えつけなければならないので、本当に辛かったです。

そして何かミスがあってはいけないと思い、本当はすごく苦手なんですが傷口を開いて小石を取り出しているところや取り終わって縫っているところを眼をそらさずしっかり見続けました。

次男は暴れるし泣き叫ぶので、看護師さんと三人がかりで押さえつけていました。

次男はどこにそんな力があるのか看護師さんも私も時々、振り落とされそうになっていました。

そしてやっとのことで縫い終わり、ガーゼを貼ってもらい処置は済みました。

月曜日また受診してくださいと言われ、この日は痛み止めと抗生剤をもらって帰宅しました。

次男は縫合が済んだあとしばらく泣いていましたが夜にはケロっとしていつものように元気にしていました。

小さい子は痛みが鈍感だと言いますが次男もそんな感じでした。

その後、一週間ぐらいで抜糸し順調に治っていきました。

後遺症など心配して他の病院でもみてもらいましたが、大丈夫でした。

傷跡も良く見ないとわからない程度に薄くなりました。

本当に小さい子は何があるかわからないです。

自分の命が縮むような思いをしましたが、とにかく次男の命に別状がなくてよかったです。

f:id:akasuguope02:20151214080938j:plain

著者:あわてんぼう母さん

年齢:39歳

子どもの年齢:当時2歳前

現在13歳と11歳のやんちゃなブラザーズのお母さんをしています。 長男、次男ともに怪我病気だけでなく行方不明になる 、蛍光塗料を食べる、などありえない難事件を乗り越えて やっとこの年ごろまでに成長しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

後悔先に立たず。予想もしない場所で子供が大やけど、不甲斐ない自分に涙
まさかの下半身丸出しで!? あわや大惨事、生後5ヶ月に船の中で起きた落下事故
抱っこしたまま階段から転落! 常時抱っこの”安静”2週間……1歳8ヶ月児のギプス生活

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。