ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

おりものをチェックする「ビリングスメソッド」で必死になったけど授からず…。 妊娠は忘れた頃にやってくる?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope02:20151214083230j:plain

25才で結婚し、6年目に初めて子供を授かり31才で初産でした。

結婚してからもしばらくは共働きでお互い仕事も充実して忙しく、子供はまだ先でもいいかなぁと考えて、そのうち出来るだろうとゆったりしていました。

特に避妊をしていたわけではないのですが、夫婦と言っても比較的淡白な関係でしたので、なかなか子供は授からず、3年ほど経った頃、姑から子供の事を聞かれてようやくその気になり妊活が始まりました。

妊活を始めるまでは、排卵や月経のリズムが整っているか否かも気にしていなかったのに、気にし始めるとトラブルって起こるんですね…

おりものの状態に異変があって受診したら卵巣嚢腫になっていました。

妊活中は、いつもと違う事があると、ひょっとして出来た!?と期待もちょっとあったので、正直ショックでしたが、幸い卵巣嚢腫は軽くて、3ヶ月ほどの薬の服用だけで治すことができました。

そのことがあってから、自分の体も歳と共に妊娠出産に支障が出てくると思い、はやく子供が授かるように月経のリズムなどにも注意しながら過ごすようになりました。

結婚前に、妊娠については「ビリングスメソッド」という、おりものの状態をよく観察する事で正確な排卵日や妊娠可能な日を知る方法について学んでいました。

望まないタイミングで妊娠してしまう事のないように、という倫理的な観点から推奨されている方法ですが、基礎体温をつけて判断するよりもずっと正確だということです。

ビリングスメソッドの見方でいくと、極めて妊娠しやすい時期は本当に僅かで、特におりものの状態が透明で滑らかな時というと、その当日になってから「今日だ!」と確信するので、分かっていても諸々の都合で機会を見送ることも多々…。

気が付けば30歳目前になっていました。

だんだんと焦りも出てきて、私の方は諸々の都合よりも子作りを優先させたい気持ちが強くなり、遂にはどうしても今日でなくてはならないと主人を説得するような具合で、その後も3度ほど同じように説得していました。

それでも簡単には妊娠できませんでした。

お互い仕事が忙しくなり、妊娠願望がだいぶ頭から離れた頃に私の体調が悪くなり、気が付けばやっと妊娠していました。

あんなに必死だったころはできなかったのに、忘れた頃にやってきた赤ちゃんは、今は5歳になります。

f:id:akasuguope02:20151214083200j:plain

著者:あじさい

年齢:36歳

子どもの年齢:5歳

紫陽花の咲く6月に出産しました、あれから2年美しい紫陽花を見ると待ちに待った赤ちゃんの誕生の喜びを思い出します。自分の年齢を思うともっと早く妊活すべきだったと思いますが、この年齢になってやっと落ち着いて育児がらできるのかも知れないとも思います。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

基礎体温グラフはお役立ち!でも義務的な考え方を変えたら、妊娠しました
プロに勝るアドバイスはない!!
妊活がうまくいかず、悩んでいたときにみた夢。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。