体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もうNIVEAパックは試した!?新しい自分に生まれ変われるニキビをなくすための5つの秘訣

記事の画像1 思春期から大人まで誰もが悩む肌トラブル。その中でも一番悩みが多いのが「ニキビ」!!今回はそんなニキビを悪化させずに治す方法をご紹介します。

ニキビができる原因

出典:http://papimami.jp/wp-content/uploads/2015/01/150204maki-600×400.jpg

そもそもなぜニキビができるのか?原因は様々です。睡眠不足・食生活の乱れ・便秘・洗顔料による顔の洗いすぎ。女性の場合、化粧の落とし忘れや、生理によるホルモンバランスの乱れが一番の原因と言っても過言ではないでしょう。ではどうすればニキビをなくせるのか?

1.睡眠をとる

出典:http://www.nikkei.com/content/pic/20140110/96958A9C93819499E3E7E2E69B8DE3E7E3E3E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXZZO6291474021112013000000-PN1-16.jpg

睡眠不足が肌に良くないというのはもはや常識・・・。睡眠不足による目覚めの悪さからくるストレスが、ニキビを作りやすくする「男性ホルモン」の分泌を促進してしまい、ニキビ発生の原因となってしまう可能性も。また、睡眠中は成長ホルモンが分泌され、新しいお肌を生み出すために重要なターンオーバーが行われます。このターンオーバーが行われることによって皮膚表面の古い角質が剥がれ落ち、お肌の状態が整うというわけなんですね。ちなみに成長ホルモンが活発に行われる時間帯は22時~2時の間だそうです。就寝する一時間前には、交換神経を刺激しないために入浴をすませて、なるべく食事をしたり、スマホなどをいじらないようにしましょう。

2.バランスの良い食事を摂る

出典:http://up.gc-img.net/post_img_web/2015/09/d2f210e28b37f3fdbc0469a9743cf1c8_17277.jpeg

ニキビを増やさないためには体の内側から改善していくのがポイント。腸内の調子があまり良くないと、便秘や下痢の症状を引き起こしてしまい肌に悪い影響を与えてしまいます。腸内環境をよくするためには食物繊維が多く含まれている食品を摂取しましょう。例えば、アボカドや納豆、グレープフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草、にんじんなど。女性は一日17g以上、男性は19g以上が食物繊維を摂取する目安となっています。ここで注意したいことは、食物繊維は基本上限は定められていませんが、たくさん摂ればいいというわけではありません。食物繊維を摂りすぎると消化不良が起こり、腹痛、下痢、肌に重要な働きをもたらすミネラルに悪影響を及ぼしてしまいます。美容に良いとされる栄養素ですが摂りすぎには十分に注意してください。

3.洗顔は程々に

1 2 3次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy