ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シドのマオらがプロデュースするV系オーディションの合格者がついに決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

V系ロックバンド「シド」のヴォーカルのマオ、ゴールデンボンバーほか多数のプロデュースを手掛けるtatsuo、ダンサー/プロデューサーのカリスマカンタローの3名がプロデューサーとなり、ソニー・ミュージックレーベルズ、マーヴェリック、ニコニコ動画がタッグを組んで「V系ダンスバンド」を作り上げるオーディションプロジェクト「イケVプロジェクト」の合格者が発表された。

毎月一回、池袋ニコニコ本社サテライトスタジオよりニコニコ生放送でプロジェクトの行方を追うドキュメンタリー番組が放送されてきたが、幾度に渡る審査を経て、このたび12月12日(土)のニコニコ生放送「イケVプロジェクト#6」にて合格者が発表された。

合格者は、ヴォーカル・Rio、ダンス&ヴォーカル・KEIN、ダンス・nao10、ベース・KEN10、ドラム・Spicaの5名。ギターは該当者無しということで、引き続き募集が続けられる。応募方法はオフィシャルサイトを参照しよう。

【参照リンク】
・イケVプロジェクト オフィシャルサイト
http://ike-v.com/

関連記事リンク(外部サイト)

​シドのマオ、tatsuoらプロデュースのV系オーディションがついに合格者発表!
​新たな課題も! V系ダンスバンド・オーディション「イケVプロジェクト」第3回が放送

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP