ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新納骨堂 CP制御でICカードをかざすと骨壺が運ばれてくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 都市圏への人口流入などを背景に、狭い敷地で多くの遺骨が収容できるビル型の「納骨堂」の新設が相次いでいる。田舎までお墓参りに行くのが面倒、草むしりが大変──そんな悩みはもう過去のものだ。

 参拝ブースの壁に設置されたカードリーダーに専用カードをかざすと、「受け付けいたしました」と音声が流れる。液晶画面には戒名が表示され、1分ほど待つと扉が開き、家紋と家名が彫られた御影石の“お墓”が現われた。あらかじめ生花が供えられていて、手前には焼香台もある。

 地下鉄・赤坂見附駅(東京都港区)から徒歩2分、一ツ木通りから少し脇に入った都心のど真ん中にある5階建ての建物が「伝燈院 赤坂浄苑」だ。参拝ブースは2~3階に計12か所ある。

 伝燈院は金沢市に本院を置く曹洞宗の寺院。赤坂にある最新の納骨堂は2013年にオープンした。総区画数3758、うち約1100基が販売済みだという。

 販売を担当するはせがわ赤坂営業所・浅田雄一所長は言う。

「御影石のお墓の中には故人様のご遺骨が収蔵されています。すべてコンピューター制御で、ICカードをかざすと骨壺が入った『厨子』が納骨庫からL&Fトヨタの最新搬送システムを使って運ばれてきます」

 天候に左右されず、夜9時まで開苑しているので会社帰りでも気軽に立ち寄れる。墓石のタイプはラウンド型とスクエア型の2種類。どちらも永代使用料(販売価格)は150万円だ。これには施設の永代使用料、御影石への彫刻、厨子、戒名授与などの費用が含まれる(別途、年1万8000円の護持会費が必要)。

 伝燈院の角田賢隆・副住職はこう説明する。

「門戸を広く開きたいとの思いから、宗旨・宗派は問わず受け入れております。分け隔てなくご供養いたしますし、申し込み後に檀家としての拘束はございません。最上階の本堂では葬儀を営むこともできます」

 墓を購入し、伝燈院司式の場合は葬儀の会場費は無料で、葬儀費用を抑えられる。供養の行事をすべて一つの場所で執り行なうことができる。

「祭祀を承継する人がいない無縁墓になっても、当院の合祀供養塔へ遺骨を安置し、永代にわたり供養させていただきます(現在、合祀供養塔は許認可申請中)」(角田副住職)

 そうなった場合のお布施も150万円に含まれているという。

 納骨堂は跡継ぎがいない人が持つイメージが強いが、代々の墓として求める人も少なくないという。新たな「墓参り」のスタイルとしてさらに広がるかもしれない。

撮影■小笠原亜人矛

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今注目の永代供養墓とは? その種類と価格、人気理由を解説
最近の墓 「愛」や「平和」などのメッセージ刻み込む傾向に
簡単に盗まれぬ石の自転車を発明するも200kgの重量でこげず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。