ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Jun. K(From 2PM)2回目のツアーファイナル、大阪城ホールで「後悔させません!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2PMのリードボーカル・Jun. Kが、日本で2度目となるソロツアーのファイナル公演を、12月13日に大阪城ホールで開催した。

今回の全国ツアーは、自身2枚目となるソロミニアルバム「Love Letter」を引っ提げ、メンバーのWOOYOUNGがスペシャルゲストとして登場したParty version(12/9&12/10@幕張メッセイベントホール・12/12@大阪城ホール)を含め全国5か所11公演を1カ月行い、大阪城ホールには多くのファンが詰めかけ、開演前から会場内ではツアーファイナルへの熱気で漂っていた。

前回のツアー同様、今回パフォーマンスされた全20曲のプロデュースはもちろん、ステージセット、構成、ライブアレンジまで本人がプロデュース。

メインステージはもちろん、花道やステージ上に置かれたライト、バンドメンバーの衣装に至るまで、全て真っ白に飾られ、背面のLEDは巨大な山のような形状で構成された。

会場が暗転すると、Jun. Kはシンボルマークをあしらったフラッグに身を隠し登場、自らフラッグを振り落とし、全身にスポットライトがあたると会場は大歓声でJun. Kを迎えた。

自らを奮い立たせるようなヒップホップチューン「EVEREST (Album ver.)」でスタートし、「LOVE & HATE」「ALIVE」「TRUE SWAG」と、ファンを唸らせるアップチューンを連続で披露、「大阪のみなさん!僕の2回目のソロツアーは今日で最後です!盛り上がっていきましょう!!」と話すと、ピンクのペンライトが一斉に大きく振られ、Jun. Kに応えた。

最後のパートでは「My House –Japanese ver.-」「ミダレテミナ」のアコースティックバージョンを披露、Jun. Kの伸びやかで唯一無二な歌声が会場全体に響き渡り、本編は終了。

会場のJun. Kコールに応えるように登場したアンコールではバラード曲「REAL LOVE」をピアノ一本で熱唱、涙を拭うファンも多数見受けられた。

最後のMCで「これで僕の2回目のソロツアーは終わりです。こうやってたくさんの皆さんが来てくださって・・僕のファンになってくれて、絶対後悔させません!また・・・会える日を夢見ながら・・・最後まで盛り上がって行きましょう!!」と「Love Letter Remix」を披露、ダンサーたちと嬉しそうに、そして愛おしい表情でファンを見渡しながらステージを走りまわり、熱狂と陶酔に包まれたツアーは大団円を迎えた。

この模様は、2016年バレンタインデーにフジテレビNEXT/NEXTsmartで独占放送される。

Jun. K (From 2PM) Solo Tour 2016 “LOVE LETTER”
2015年12月13日(日)大阪城ホール<セットリスト>
Opening~
M-1. EVEREST (Album ver.)
M-2. LOVE & HATE
M-3. Alive
M-4. TRUE SWAG
M-5. Mr. Doctor
M-6. Love Letter
M-7. Better Man
M-8. Good Morning
M-9. Hold Me Tight
M-10. Walking On The Moon
M-11. Sorry
M-12. NO LOVE
M-13. NO MUSIC NO LIFE
M-14. Love Game
M-15. 離れていても
M-16. My House –Japanese ver.-
M-17. Falling in love
M-18. ミダレテミナ
EN-1. REAL LOVE
EN-2. LOVE LETTER Remix

放送情報
Jun. K(From 2PM) Solo Tour 2015 “LOVE LETTER”
放送日時:2月14日(日)21:30~23:00
フジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmart
http://otn.fujitv.co.jp/junklove/

関連リンク

2PM オフィシャルサイト:http://www.2pmjapan.com/
2PM OFFICIAL FAN CLUB HOTTEST JAPAN:http://www.hottestjapan.com/ (PC)
■所属事務所 JYPエンタテインメントhttp://www.jype.com/(韓国)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP