ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

葉加瀬太郎、25周年記念ライブをNHKホールから生中継 インタビュー到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年は、葉加瀬太郎がクライズラー&カンパニーの一員としてデビューしてから25年目に当たり、毎年恒例の全国ツアーも「葉加瀬太郎 25th Anniversary Concert「DELUXE」〜Best Selection〜」と銘打って敢行。WOWOWではツアー全50公演中、東京での最終日となる12月20日、NHKホールでのコンサートを生中継する。自身にとって大切な節目となるライブを控えた葉加瀬に、当日の見どころを聞いた。

「生放送は何度経験しても緊張しますね。今日は生中継だと思うだけで、ガクガクしちゃうけれど、会場のお客さんとテレビで観る方にはリラックスして聴いていただければと。今回は、ツアータイトルのとおりデラックスなコンサートをしたいと思い、僕自身大いに楽しみながらお祭り気分をこれまでで最高というぐらい盛り上げています」

このツアーでは、膨大な自作の曲から“勝手にベストテン”を選出したり、代表曲「情熱大陸」のメロディを10分以上続け、観客が扇を振りながら総立ちになったりと、音楽だけでなく、エンターテインメント性あふれる企画でも観客を楽しませてきた。

「ダンスパーティー、略して“ダンパ”というのがキーワード。観る人は「ヴァイオリンのコンサートなのになぜこんなことをやっているんだろう」って頭にハテナが浮かんじゃうかもしれない(笑)。でも、いっぱいハテナを浮かべて、来年の葉加瀬太郎は何をするんだろうって期待していただければ、うれしいですね。東京での最終日だからスペシャルゲストも予定していますし、僕自身、サプライズもやりますよ!」

当日のステージでは、葉加瀬のヴァイオリンだけでなく、歌手と“デュエット”するパフォ-マンスも展開しそうだ。90年代にセリーヌ・ディオンのツアーに参加し、世界的に知られるようになった葉加瀬は、それから20年、多くのトップ・アーティストとコラボしてきた。最新アルバム「25 th Anniversary アルバム「DELUXE」〜Best Duets〜」には、前述のアリアナを始め、安室奈美恵、中島美嘉ら日本のディーバたちと組んだ曲を収録。さらに、歌のないインストルメンタルでも、映画音楽の巨匠エンリオ・モリコーネや加古隆、古澤巌、そして布袋寅泰らとセッションした曲が収められている。

「シンガーの歌に合わせてヴァイオリンを弾くのは、まず大好きだし、自分で言うのもなんですが得意(笑)。僕の演奏は最も歌に近いと自負しているし、弾きながらいろんな人の声とハモったり絡んだりするのは、この上ない喜びですね。一方、楽器を弾く人とセッションするときは、相手の人が作り出す音楽と対峙することに集中してきました。こうしてアルバムにまとめてみて、葉加瀬太郎にしかできないデュエットというものが改めて確認できた。これからもチャンスがあれば、いろんな人たちと音楽を作っていきたいし、“次の25年”も見えてきた気がします」

カンタビーレな(歌うような)ヴァイオリン奏者であり作曲家。そして、ステージでは観客を笑わせるエンターテイナーとしての顔も見せる葉加瀬のライブで、上質の音楽を楽しみながら今年を締めくくりたい。

番組情報
生中継!葉加瀬太郎 25th Anniversary Concert「DELUXE」〜Best Selection〜
放送日:12月20日(日)15:00[WOWOWプライム]
収録場所:東京 NHKホール
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/hakase/

プロモーション映像

関連リンク

葉加瀬太郎 オフィシャルサイトhttp://hats.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP