体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」&ドリカムベスト盤が年間チャート首位、アワード投票も開始、星野源がHot Albums制覇:今週の邦楽まとめニュース

三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」&ドリカムベスト盤が年間チャート首位、アワード投票も開始、星野源がHot Albums制覇:今週の邦楽まとめニュース

 今年も残す所あとわずか。ビルボードジャパンでは2015年の年間チャートを今週発表した。複数の指標からなる複合チャート JAPAN Hot100で今年首位に輝いたのは三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」。2014年リリースの一曲が異例のロングヒットを巻き起こした。また複合アルバムチャート Hot Albumsでは、DREAMS COME TRUEのベスト盤『DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム』が首位。こちらもリリース週からほぼ1年を通して売れ続け、ロングヒットの底力を見せつけた。

ビルボードジャパン年間チャート発表、シングル総合は三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」、アルバム総合はドリカムのベスト盤が1位

 一方、CDセールスの力という面で一歩抜きん出たのは嵐。アルバムでは先行した三代目JSBやSEKAI NO OWARIを抜き、百万枚超えの大台も達成して首位となった。またシングル・セールスでも上位3曲を嵐の曲が占めるなど存在感は抜群。ジャニーズは現在ダウンロードやYoutubeを解禁していないが、もし今後解禁になったら、日本の音楽シーンはどう変わるのか? という面でも興味をそそられる結果だ。

圧巻の逆転劇をみせた嵐が首位を獲得 三代目JSB、セカオワらの音楽シーンにおける人気も明白に
嵐 TOP3独占、ジャニーズ勢がセールスパワーを見せつける!

 洋楽部門ではカーリー・レイ・ジェプセン「アイ・リアリー・ライク・ユー」が首位に。洋楽系は特にラジオ・メディアとの相性がよく、カーリーだけでなくマーク・ロンソンやサム・スミスなど、時代のクリエイターがラジオを中心に今年のロングヒットを形成した。

カーリー・レイ・ジェプセン 「アイ・リアリー・ライク・ユー」で洋楽年間チャート2度目のNo.1に、最長首位記録を破ったテイラーは2位に
2015年は“ラジオライクな曲”と“来日”と“ロングヒット”な洋楽

 ジャンル別チャートではダイアナ・クラールがジャズ・ランキング首位。またアニメチャートではUNISON SQUARE GARDENが、クラシックチャートではアニメ『四月は君の嘘』のサントラが首位となった。ぜひあなたの好きな作品が何位になっているか、見比べてみて欲しい。

ダイアナ・クラールが上半期に続き、堂々の年間チャート1位を獲得
2015年クラシックチャートは、アニメ『四月は君の嘘』のサントラが制覇
UNISON SQUARE GARDENが見事ブレイク!群雄割拠のアニメチャートで年間首位!

 そして同じく12月11日から、ビルボードジャパンでは「みんなで作る今年のヒット・チャート」というコピーのもと、【Billboard JAPAN Music Awards 2015(#BJMA2015)】が開催中。Twitterとカラオケであなたの一曲に投票し、ぜひ今年の一曲を選ぶのに参加しよう。

【#BJMA2015】みんなで作る今年のヒット・チャート、Billboard JAPAN Music Awards 2015がスタート

 年間チャートを発表する一方、週間のチャートも引き続き更新。紅白出場も決まった星野源がアルバムチャートで見事首位に立った。一方、シングルチャートではジャニーズ勢の関ジャニ∞が首位に。その他、アニメチャートやクラシックチャートも引き続き更新中。これらの結果はまた2016年の年間チャートに関係してくることになる。

星野源『YELLOW DANCER』が首位に、TOP3には洋楽タイトルが続く
星野源 ビルボードアルバムセールスチャートにて首位獲得 紅白出場組が上位を賑わす
関ジャニ∞ ビルボード週間セールスチャートで2位に5倍差の堂々首位
関ジャニ∞「侍唄」、セールスで大差、ビルボード総合首位、“浦ちゃん”初登場3位
fripSide、接戦でA応Pを下しビルボードアニメチャートを制覇
清塚信也のピアノ・ソロ・アルバムが第1位に返り咲き、サラ・オレイン新譜『f エフ』第2位

 ビルボードジャパンだけでなく、三代目 J Soul Brothersはまさに受賞ラッシュ。USENの年間一位を獲得したほか【Yahoo!検索大賞2015】も受賞。絶好調だった2014年がはじまりに過ぎなかったことを実感する大ブレイクが巻き起こっている。

三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」、異例のロングヒットでUSEN年間一位
今年も最も検索されたのは「三代目 J Soul Brothers」 登坂広臣「世界に向けて発信していきたい」

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。