ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やなわらばーが東名阪ツアーファイナルで伊勢正三氏と再コラボ、名曲「なごり雪」も披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

やなわらばーが12月12日、伊勢正三プロデュースの新作「Windfall」のリリース東名阪ツアーのファイナル公演を東京・虎ノ門ニッショーホールにて行った。

ライブは、最新作「Windfall」収録の「ジュゴンの涙」でスタート。しっとりとした’やなわらばー’の歌声が会場に響き渡り、観客がやなわらばーの歌声に魅き込まれていく。

新作「Windfall」の楽曲を中心にしつつも、新旧の楽曲を織り交ぜつつ’やなわらばー’らしいアットホームなライブを繰り広げた。

途中、MCでやなわらばーが「Windfall」の制作について話を触れたところで、アルバムプロデューサーである伊勢正三氏をステージに招き入れた。

伊勢氏が、やなわらばー2人の恋愛観を汲み完成させた「渋谷川」、続いて石垣優の実体験を元に作詞をした「ねごと」を披露。「ねごと」は、伊勢氏がレコーディング時に初めて挑戦したラップが収録されているが、ライブではスペシャルゲストとして、伊勢氏のマネージャーも登場し、音源同様の”ラップ”を披露した。

その後は伊勢氏の重厚なギターが印象的な「海風」、代表曲「なごり雪」とまさに伊勢ワールド全開となり、客席からは「正やん」と大きな歓声が飛び交い盛り上がりをみせた。

終盤、伊勢氏から「やなわらばーのメンバーの純粋な部分に惹かれた。これからの’やなわらばー’をよろしくお願いします」と観客に語ると、大きな拍手と歓声が上がった。

また、本編終了後には、即アンコールコールが巻き起こり、ツアーTシャツに着替えたやなわらばーが再度ステージに登場し、「いちごいちえ」を披露。続いて、伊勢氏を改めて招き入れ、アルバムのエンディングナンバーである「きっと、ずっと」を伊勢氏のギターに歌声を乗せ、満員となった会場全体に歌を届けていき、本日だけのスペシャルなライブは幕を閉じた。

Windfall 2015 〜Tour Final Special Night〜セットリスト
1.ジュゴンの涙
2.ふるさと
3.サクラ
4.二人の目覚まし時計
5.忘れもの
6.渋谷川
7.ねごと
8.海風
9.なごり雪
10.きよしこの夜
11.サンタがママにキスをした
12.クリスマス・イブ
13.でもね…
14.夢を見た
15.空をこえて 海をこえて
16.ゆくい
17.いいんだよ
EN1.いちごいちえ
EN2.きっと、ずっと

関連リンク

やなわらばー オフィシャルサイトhttp://www.ya-na.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP