ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミランダ・カー、32歳。2016年の豊富は「息子との思い出を作りたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モデルのなかでもトップクラスで活躍するミランダ・カー。
以前はヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルとしても活躍しており、今でもさまざまな雑誌の表紙を飾るトップモデル。最近では、自身のオーガニックコスメブランド『KORA』をたちあげるなど、ビジネスにも精力的に取り組んでます。
そんな彼女が、ブランドのミューズを務める『SWAROVSKI(スワロフスキー)』の点灯式に登場。プライベートにせまるふたつの質問に答えてくれました。

クリスマスは家族30人とパーティ

編集部:クリスマスはどう過ごす予定ですか?
ミランダ:実家があるオーストラリアに帰って家族と過ごすわ。母や祖母、兄弟、おじおば、いとこ…といった感じで、だいたい30人くらいで集まるわね。もちろん息子のフリンも一緒よ。一緒に料理をしたり、お話をしたりして過ごすの。とくに祖母は私が世界でもっとも大好きな人なの! 祖母と息子と一緒に過ごすのが今から待ち遠しいわ。
世界を飛び回り多忙な日々を送っているミランダにとって、家族との時間はとても大切なもののよう。うれしそうに家族の話をしている姿は、普段TVや雑誌で見るミランダとは違った印象でした。とくに息子・フリン君の話をしているときにのぞかせる、愛おしむようなやさしい笑顔に、彼女の愛情深さを感じます

「来年はもっと息子と思い出を作りたい」


「2015年は公私ともに充実していた」と語ったミランダは、すでに2016年に向けて意識しているよう。
編集部:もうすぐ2015年が終わってしまいますが、来年チャレンジしたいことはありますか?
ミランダ:そうね…2015年に続いて、スワロフスキーと一緒にみんなに喜んでもらえるようなジュエリーを発表していきたいわ。そして自分のブランドをもっと世界に広げていきたいの。あとは、息子のフリンと思い出をたくさん作りたいわ。
事業の拡大にむけての意気込みを語りながらも、最後には愛する息子との思い出をつくりたい、と母親らしい一面を垣間見せていたミランダ。そこにはどの家庭とも変わらない母親の姿がありました。
ビジネスウーマンとして、そして母親として、さまざまなジャンルで活躍しながら、そのすべてに全力で向き合う姿勢に彼女の真面目さがうかがえます

銀座にジュエリーなクリスマスツリーが登場

今回『スワロフスキー』からホリデーシーズンに向けた新作コレクションが発表されました。ミランダがデザインに参加しており、どんなときにも女性が輝いていられるようにという彼女の想いがこめられた、繊細かつ洗練されたジュエリーが揃っています。
また、銀座ソニービル前には、12月13日(日)~25日(金)までの期間限定で『スワロフスキー』のクリスマスツリーが登場。ミランダのサインも一緒に見ることができます。

ハートやクローバーなどのラッキーモチーフがあしらわれたツリーや積み上げられたブルーのプレゼントボックスが、クリスマス気分をよりいっそう盛り上げてくれそうです。
[SWAROVSKI]
取材・文・撮影/近藤うらら


(グリッティ)記事関連リンク
「出会う努力」にワンプラス。婚活女性が2016年に向けて考えておきたいこと
すぐに結果がでなくても焦らないで【12月14日】クリスマス☆ラブアドベントカレンダー
こんな男とだったら、ひとりクリスマスのほうがましよ #オネエ調べ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP