ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

素材の特徴を活かしたフードアートが面白いと話題に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食べ物の素材を活かしたフードアートが、海外サイトで話題になっている。

どのアートもその素材の形が活かされており、ユニークで芸術的だ。

例えば、洋梨が洋服のように見立てられていたり。

レモンが扇風機になっているなど。

その素材だからこそ表現できるものが、形になっていてとても面白い。

普段何気なく口にしているものが、日常で使用している何かに似ていることに気づかされる。

これらのフードアートは、シドニー在住のデザイナーDanling Xiao氏によって製作されている。

日常の何気ないものをクリエイティブにすることをモットーに、日々の製作活動に取り組んでいるそうだ。

何気ない日常も、視点を変えると何でもアートにできるのかもしれない。

Danling氏はこの他にもたくさんのアートをウェブサイトに公開しているので、気になる人はチェックしてみて。

Mundane Matters
http://mundanematters.co

フード(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP