ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスモデル特許って認められる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 日本において、ビジネスモデル、言い換えると、ある独創的なビジネスの形態を特許として認めてもらうような環境はあるでしょうか?

(1)特許として認められる
(2)特許として出願はできるものの、認められづらい

A.

正解(2)特許として出願はできるものの、認められづらい

 ビジネスモデル特許は、特許庁などにおいては、「ビジネス方法の特許」と呼ばれています。過去に、ビジネスモデル特許として様々な「独創的なビジネスのやり方、形態」を特許化させようという動きがありました。

 例えば、古い例でいえば、自動車などの競売システムという特許があります。
 最近の事例でいえば、画像のデータ保存形式や、デジタルコンテンツの取引形態に関連したものなどが出願された例があげられます。

 しかし、現在においてビジネスの形態などに関連したものは全体の8%程度で推移しており、少数派です。
 特許庁としても、「審査請求の慎重な判断を望む」としていることから消極的であることがわかります。

 したがって、出願はできるけれども、認められづらいという環境があるといえます。

元記事

ビジネスモデル特許って認められる?

関連情報

ほかの国ではどうなっているの?(激しく変わる近時の知的財産法!ー知財女子がわかりやすく解説)
商標権ってどんな権利?(激しく変わる近時の知的財産法!ー知財女子がわかりやすく解説)
2015年特許法改正について(激しく変わる近時の知的財産法!ー知財女子がわかりやすく解説)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。