ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Console OSは、ほぼAndroid-x86のフォークバージョン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デスクトップ PC やノート PC 向けに商用クラスの Android 環境を提供する「Console OS」は実際には Android-x86 に小規模な変更を加えたフォークバージョンであることが判明しました。Console Inc は近頃、GitHub で Console OS のソースコードを公開し、ソースコードに Android-x86 の主要な部分を流用していることが明らかになりました。Console OS では、デスクトップ PC の高速な CPU・GPU をフルに活用して Android アプリ・ゲームの動作パフォーマンスを改善したほか、デスクトップ PC やノート PC における一般的な作業でも使いやすいよう様々な改変を施していますが、大部分は Android-x86 だだったようです。実際には、Android-x86 を Console OS にリネームし、Makefile に Console OS のための改変を実施。また、ホームアプリに CyanogenMod の「Trebuchet」を採用し、いくつか Intel チップセット用ドライバを移植した程度の模様です。しかし、ソースコードの中では、Android-x86 のコピーライト表記を維持しており、他のフォークバージョンように盗作ではなさそうです。Source : CNX Software

■関連記事
Marshmallowに試験実装されている標準マルチウィンドウ機能の動作内容を紹介
Google、WEB版「Google+」にさらなる変更を追加
NTTドコモ、「診断ツール」として提供していた機器診断アプリを「スマホ診断」にリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP