ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「診断ツール」として提供していた機器診断アプリを「スマホ診断」にリニューアル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 12 月 14 日、以前より「診断ツール」として提供していた機器診断アプリを「スマホ診断」にリニューアルしました。「スマホ診断」は、スマートフォンのハードウェア部分を含めて機能の動作テストを行い、問題があれば改善策を提案するアプリで、「故障かな?と」思った際に役立ちます。アプリは「スマホ診断」になって UI をリニューアルされ、操作性が向上しています。またAndroidTM OS 4.2 以上を搭載した端末向けに提供されており、Android 4.1 以下と「らくらくスマートフォン(F-08E / F-09E / F-06F)」、Galaxy Nexus SC-04D には引き続き既存の「診断ツール」が提供されています。アプリでは診断機能のほか、「システム情報」セクションで CPU やメモリの使用状況などを確認できます。「スマホ診断」は、d メニューの「お客様サポート」→「ドコモアプリ」→「アプリ一覧」→「スマホ診断」よりダウンロードできます。Source : NTT ドコモ

■関連記事
Marshmallowに試験実装されている標準マルチウィンドウ機能の動作内容を紹介
Google、WEB版「Google+」にさらなる変更を追加
Console OSは、ほぼAndroid-x86のフォークバージョン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP