ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三船敏郎 スター・ウォーズを子供向け映画だとオファー断る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月18日18時30分に、全世界同時公開される『スター・ウォーズ』(以下、SW)の最新作『フォースの覚醒』。

 映画のヒットにより、ルーカスはSWに関するさまざまな権利を持つようになった。その1つがグッズだ。『どっちのスター・ウォーズ』(中央公論新社)の著者で映画ジャーナリストの立田敦子さんはこう語る。

「SW以前には、映画のグッズ販売はありませんでした。そこもルーカスの先見性の素晴らしいところだと思うのですが、彼は、マーチャンダイジング(商品化計画のこと)の権利を手に入れ、フィギュアやTシャツなど、映画関連商品を作り、売り出して、それも大ヒットしたんです」(立田さん・以下「」内同)

 着物のような格好をしたルーク、三つ編みをおだんごにしたヘアスタイルのレイア姫、ロボットのC-3POやR2-D2など、多彩なキャラクターの登場も、グッズ展開を見越したからかもしれない。

 第1作目『新たなる希望』でルークを演じたマーク・ハミルは、これが映画デビュー作。ソロ役のハリソン・フォードも映画『アメリカン・グラフィティ』に出ていたものの、当時は大工仕事と俳優のかけ持ちだった。

「ルーカスはエピソード4の撮影時、無名性にこだわっていました。それもSWをおとぎ話にしたかったから。顔の知れたスターだと、どうしてもイメージがつきまとうから、色のついてない新人を起用。SWからスターが生まれる仕組みを作ったことも、ルーカスのすごさだと思います」

 レイア姫の候補にもジョディ・フォスターの名が挙がっていたが、彼女は映画『タクシードライバー』で子役ながらすでに高評価を集めていたため、起用されず。

「逆に三船敏郎はオファーを受けていたようですが、SWを子供向けの映画だと思っていて、断ったらしいです」

 ちなみに、SWに出たいと名乗りを上げるスターは多いが、ほとんど叶っていない中、現ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがみごと新作へのカメオ出演(映画にクレジット無しでゲスト出演すること)を果たしている。どうやらストームトルーパーの1人に扮しているようだ。

 SWといえばオープニングで流れる壮大なメロディーを思い浮かべる人も多い。これを聴くだけで、遠い銀河の世界にひとっ飛びできるところも、熱烈的なファンを生んだ要因だ。

「音楽担当のジョン・ウィリアムズはSW以前にも映画『ジョーズ』などで恐怖心をあおるメロディーをつけるなど、音楽で映画の世界観を印象づけることに定評のある人。

 SWでは映画全体だけではなく、ダース・ベイダーの登場場面で流れる暗くぶきみな『インペリアル・マーチ(ダース・ベイダーのテーマ)』など、彼の音楽により、キャラクターの深みが増したと思います」

 ちなみに『インペリアル・マーチ』が起用されたのは2作目から。以降、SWを象徴する重要な曲として愛され続けている。

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国映画市場 前年比36%増で日本を抜き米に次ぐ世界2位に
白石美帆33歳 胸元の大きく開いた赤いドレス姿を独占撮!
日本と縁深い『スター・ウォーズ』新ヒロインはふなっしー好き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。