ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つきものが落ちたかのような妊娠後期の体ほぐしに、出産時の呼吸法。ヨガってすごい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私が通っていた産院では、安定期に入ってから参加できるマタニティヨガの教室がありました。

もともとあまりヨガやピラティスといったゆっくり動くものに興味がなかった私は、検診のときに勧められても適当に聞き流していました。

しかし、産休に入ると同時に実家へ里帰りした私は気のゆるみからかあっという間に太りだし、なんと月に4kgも増加!

妊娠8ヶ月と9ヶ月のたった2ヶ月で8kgも太ってしまったのです。

ほとんど毎日2時間近く散歩もしているのにです。

「なんで?もしかして空気吸っても太ってるんじゃないの?」

と思うくらい。

それに加えて同時期から眠れないほどの肩こりと背中痛に悩まされていました。

やはり、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなっていたのでしょう。

痛みは鎮痛剤を飲めば治るのですが、さすがに毎日飲み続けるのは怖いので、産院で助産師さんに相談しました。

「ヨガで体をほぐしたり、姿勢を整えたりするといいかも」

とのこと。

やっぱりヨガか・・・。

心の中で

「あんなだらだらしか動かないもので体が治るわけないじゃん」

と小バカにしつつも、それ以外に選択肢がないので、仕方なくヨガ教室を受講することにしました。

いざ参加してみると、講師の方が呼吸の仕方から丁寧に教えてくださいます。

激しい動きは少ないのですが、体の普段使わない部分を伸ばすといった感じでリラクゼーションの意味合いが強いようです。

背中や腕や肩など、こり固まったところがぐーっと伸びてとても気持ちよく感じました。

また、実際のお産のときのポーズや呼吸方法、いきみかたなども教えてくれ、

「本番でこれができれば楽にいきめるよ」

とのありがたいお言葉。

かなり勉強になりました。

その夜はあれだけ重く痛かった肩や背中が、まるでつきものが落ちたかのように軽くなり、おどろきました。

「ヨガってすごい!また行こう」

それから生まれる日まで毎週ヨガに通いました。

そして、いざ本番。

思っていた以上の陣痛の痛さや展開のはやさにヨガのことなんかすっかり忘れていた私。

3回目のいきみのときに、助産師さんから

「ヨガのポーズ思い出してー!!」

と声をかけられました。

そうだった。

すっかり忘れてた。

なんとか体勢を整えて、ゆっくり息を吐いて、股を見る!

すると、すうっと何かが出てくる感覚が!

このいきみで無事息子が誕生しました。

出産とヨガ。

意外と深い関係にあるようで、私にとっては非常に役に立ったなぁと思います。

ただ、お腹が大きくなってから通い出したからか、なかなか体がいうこときいてくれず苦労したので、次回はもっと早めに参加したいと思います。

著者:しましまこ

年齢:30代

子どもの年齢:6ヶ月

出産を機に夫の生まれ故郷である離島へ引越し。

信号もコンビニもないド田舎でなれない子育てと田舎暮らしに奮闘中。

曜日も時間も関係ない島で息子はのびのび成長中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

マタニティマーク。もらったはいいけど、ネットの声に脅えて付けるのが怖かった話 by つかさちずる
妊婦と猫の共存事情。 「妊婦は猫と暮らすな」「早いとこ処分せよ」なんてとんでもにゃい!!! by 前川さなえ
「席譲れって圧力かけられているみたいで腹立つんだよね」 マタニティーマークはどうするべきか

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP