ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYの小学校が、「レゴ」を使って算数を勉強中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この方法を試しているのは、小学校3年生に算数を教えているAlycia Zimmerman先生。計算を教えるための道具としてレゴを使っているそうです。とても効果的に理解できるそうですが、確かに納得かも。

レゴで算数!

Reference:Courtesy of Scholastic

なるほど!"*分の*"という分母と分子の考え方がより直感的に見えるかもしれませんね。

その他にも、因数分解、乗算、そして分数の複雑な計算など、頭のなかで考えようとするとごっちゃになってしまいがちな部分が具体的に見える化されています。

Reference:Courtesy of Scholastic

Reference:Courtesy of Scholastic

Reference:Courtesy of Scholastic

これなら説明がしやすそう!実際に動かしながら結果が見えることで単に図解するよりもずっと簡単に理解できるのではないでしょうか。積み上げて高さを調べたりして、遊びながら学べそうです。

ちなみに「Scholastic」によれば、データから見ても生徒たちの理解が早くなっていることがわかったそうです。

算数が苦手な子どもたちにはレゴを使って教えたほうが効率的かもしれませんね。試してみては?

Licensed material used with permission by SCHOLASTIC

関連記事リンク(外部サイト)

自宅で簡単に「グミでレゴ」を作る方法が話題殺到。子どもからも大人気!
流れる水をデザインした「水道」が、オシャレすぎる
「英語を話したい学生」と「お喋りしたいお年寄り」をマッチングする英会話サービス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP